フォークボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フォークボール: forkball)は、野球における球種の1つで、投手の投げたボール打者の近くで落下する変化球である。

人差し指と中指でボールを挟む握りで落ちる変化球を日本ではフォークと呼ぶ。アメリカではフォークボールはスプリッター(: splitter)と呼ばれる。この影響で、日本でも浅い握りで速度の速いフォークをスプリットと呼び分ける場合がある。

投げ方と落下の原理[編集]

一般的には、ツーシームの握りで人差し指と中指の間にボールを深く挟み、手首の関節を固定しリリースする。この指で挟む握り方がフォークに似ていることから名付けられた。親指はボールの下や人差指の横へ添える。この投げ方によりボールのバックスピンが直球より減少しマグヌス効果が小さくなり、ボールは重力に引っ張られ放物線に近い軌道を描く[1][2]。直球に似せた投法で投げることが容易であり[2]、手首や腕の振りが直球と同じかつ、その軌道から打者の近くで急激に落下するため打者には直球との判別が難しく[3]、変化も大きいことから空振りを奪うために使われる。一般的にはボールの回転をできる限りなくすために人差し指と中指は縫い目にかけずに握るが、意図的に縦回転または横回転をかける場合もある。

その特徴的な握り方と変化の大きさから暴投捕逸を起こしやすく、日本球界を代表するフォークの使い手であった村田兆治日本プロ野球歴代最多の通算148暴投を記録している。また、握力が不十分でボールが意図に反してすっぽ抜けると痛打されやすい。また、岡島秀樹など抜けることを逆手に取って「フォークの握りのチェンジアップ」を持ち球としている投手もおり[4]、チェンジアップのバリエーションのひとつとしてフォークに近い握りで投げるスプリットチェンジという球種がある。

サイドスローアンダースローの投手がフォークボールを投げることは珍しく、落ちる変化球として投法と相性の良いシンカー・スクリューボールや投法を問わないチェンジアップを選択する傾向にある。野茂英雄オリックス・バファローズの秋季キャンプの臨時投手コーチに招かれた際にサイドスローによるフォークボールを披露し、選手を驚かせている[5]

歴史[編集]

フォークボールは1919年バレット・ジョー・ブッシュ英語版が開発し[6]1950年代から1960年代にかけて活躍したロイ・フェイス英語版が有名なものにした。

日本プロ野球では1950年代に杉下茂が初のフォークボーラーとして活躍し、その後、村山実村田兆治が使い手として有名になり普及。1980年代から1990年代では遠藤一彦牛島和彦野田浩司、現役選手では能見篤史吉見一起千賀滉大らが有名な使い手。アメリカではフォークボールとSFFはスプリッターとまとめて扱われることが多く、日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった野茂英雄らのフォークボールもスプリッターと呼ばれた。アジア圏以外では日本で普及したような握りの深いフォークボールを投げる投手はキューバ出身のホセ・コントレラスカナダ出身のライアン・デンプスターら数少ない。

変化の種類[編集]

松井秀喜佐々木主浩のフォークはボールそのものが消えるような錯覚を覚えたと語り、権藤博は佐々木のフォークは落ち方は大したことがないが球速があり回転しているため打者に直球かフォークか判別されないボールだったと語っている[※ 1]。また、同じフォークと称される球種でも変化は多彩で、野茂は縦に落ちるものとシンカー気味に利き手側に落ちる2種類のフォークを投げ分け、上原浩治は落差の大小に加えてスライダー気味とシュート気味の横変化をつけた4種類のフォークを投げるなど、複数のフォークを意図的に投げ分ける投手もいる。

岩田慎司はほぼ無回転で左右に揺れながら落ちるナックルボールのような球をフォークの握りで投げる。また山﨑福也も「ナックルフォーク」というほぼ無回転のナックルをフォークの握りで投げている。[7]

佐々木や野茂は無回転だと打者に球種の判別をされやすいので意図的に横回転をかけて判別されにくいようにしていたという[8]。また、田中将大も「スピードが緩くてボールの回転も少ないフォークは、打者に見極められてバットが止まることも多い」と球種の判別のされやすさを指摘している[9]

身体への負担[編集]

手首を固定して投球することから、数ある変化球の中でもへの負担が特に大きいとされている。実際に前述の村田、野茂、佐々木などを始めとしたフォークの使い手は、肘や肩を故障した経験が少なからずある。

負担の要因のひとつとして、ボールを強く挟み込んだ状態からリリースの瞬間、指の間からボールを抜くように投げることで、関節部に直球と比べ強い制動作用が働くことが挙げられる[10]

スプリットフィンガー・ファストボール[編集]

直球との球速差が比較的少なく落差の小さいフォークボールはアメリカではスプリットフィンガー・ファストボール: split-finger fastball)またはスプリットフィンガード・ファストボール(: split-fingered Fastball)と呼ばれる。頭文字をとってSFFと省略される。日本では、旧くは「高速フォーク」と呼ばれていたが、日本でもスプリットフィンガー・ファストボールという呼び方が浸透した為、略してスプリットと呼ばれる場合があるが、ツーシームと呼ばれる場合もある。

フォークボールはツーシームと同じ向きでボールを握った場合、基本的に縫い目のない部分を人差し指と中指で深く挟んで握られるのに対し、スプリットは人差し指と中指を縫い目のやや下に当てる場合や、縫い目に添える場合や、人差し指だけ縫い目に掛け中指は縫い目の外に外す場合や、フォーシームまたはワンシームで深く握る場合や、人差し指または中指のどちらか一本だけ縫い目に掛ける場合や、など、ツーシームかフォーシームまたはワンシームの違いやそれぞれ握りの深さや縫い目の位置や向きが様々である為、「スプリットの基本的な握り方」は存在しないと言える。深く挟む基本的なフォークよりも直球に近い球速を維持しやすく打者の近くで落ちる変化となる。

SFFはブルース・スーターが開発したといわれ、スーターから投げ方を教わったロジャー・クレイグが1980年代初頭にマイク・スコットジャック・モリスに伝授。中でもスコットはSFFの習得により1986年にはリーグ最優秀防御率 (2.22) とリーグ最多奪三振(306)の二冠を達成するなど急激な成長を遂げ、多くの投手に急速に普及し一世を風靡ふうびしたが、に故障を抱えることが多い「デス・ピッチ」とされ、90年代からは使い手が減少した[8]。日本ではメジャーから「現代の魔球」として輸入され、桑田真澄斉藤和巳が使いこなしてタイトルホルダーとなった。黒田博樹上原浩治岩隈久志田中将大大谷翔平平野佳寿らメジャーリーグで活躍した日本人選手がアメリカでも代表的な使い手として挙げられる。

ダルビッシュ有は打者にとってSFFはフォークよりも見極めが難しい球種であると証言しており[11]、変化の小さい物はバットの芯を外して内野ゴロを狙う時などに多用される。変化の大きい物は空振りを狙うこともでき[12]マイク・スコットなどは変化の大きいSFFで多くの空振りを奪った。人差し指と中指の間に深くボールを挟むには長い指が必要で、指の短い投手がフォークを習得しようとして深くボールを挟めずSFFを習得することもある。

フォッシュ・ボール[編集]

スプリッターの亜流の球種がフォッシュ・ボール: fosh ball)である。由来は諸説あり[13]、スプリッターの握りで投げるチェンジアップ、もしくはフォークとカーブを混ぜ合わせた球種と言われる[14]

マイク・ボディッカーが最初にフォッシュを武器に活躍した投手であり、他に代表的な使い手としてトム・ゴードンジェフ・スーパンらがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 権藤は『笑っていいとも!』に出演した際、首からへそあたりまで手で示し「これぐらいの差がつく」と佐々木のフォークを解説した。

出典[編集]

  1. ^ 姫野龍太郎野球の変化球とながれ (PDF) 」 、『ながれ』第20巻第6号、日本流体力学会、2001年12月、 430-434頁、2017年7月16日閲覧。
  2. ^ a b 姫野龍太郎. “フォークボールは落ちていない! - スーパーコンピューターで魔球の解明に挑む”. athome教授対談シリーズ. アットホーム. 2017年7月16日閲覧。
  3. ^ 溝田武人. “フォークボールの不思議?”. 工学部知能機械工学科 溝田研究室. 福岡工業大学. 2017年7月16日閲覧。
  4. ^ “赤靴下陥落…岡島100戦目飾れず”. スポニチAnnex. (2008年7月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/07/01/kiji/K20080701Z00002200.html 2017年7月16日閲覧。 
  5. ^ “野茂、サイドスローからでもフォーク落ちた”. asahi.com. 朝日新聞社. (2009年2月7日). http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK200902070070.html 2017年7月16日閲覧。 
  6. ^ Wood, Allan (2000). Babe Ruth and the 1918 Red Sox. Writers Club Press. p. 372. ISBN 0595148263. 
  7. ^ “中日金剛「揺れるフォーク」杉下氏絶賛”. なにわWEB. 大阪日刊スポーツ新聞社. (2005年2月6日). オリジナル2005年2月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050208020955/http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-050206-0014.html 2017年7月16日閲覧。 
  8. ^ a b 野茂英雄のメッセージ (30) フォークボール3 ひとつの変化球”. nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2009年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月16日閲覧。
  9. ^ 週刊ベースボール』2011年6月20日号、ベースボール・マガジン社、 16頁、 雑誌20443-6/20。
  10. ^ 玉村治「田中将大投手を襲ったケガの裏にあるもの」、『Wedge』、ウェッジ2014年8月21日2017年7月16日閲覧。
  11. ^ ダルビッシュ有 2009, pp. 24-27
  12. ^ ダルビッシュ有 2009, p. 50
  13. ^ 豊浦彰太郎 (2014年5月26日). “マー君、上原、岩隈etc.日本人投手の最大の武器「スプリッター」の歴史的背景”. ジェイ・スポーツ. 2017年7月16日閲覧。
  14. ^ 「フラッグ・ディール年度別回顧 1988・レッドソックス」、『月刊メジャー・リーグ』2005年10・11月合併号、ベースボール・マガジン社、 27頁。

参考文献[編集]

  • ダルビッシュ有(監修) 『ダルビッシュ有の変化球バイブル あの魔球の全貌がいま明らかになる』 ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年。ISBN 978-4583616148。
  • 『変化球バイブル 理論&実践編』 ベースボール・マガジン社 編、ベースボール・マガジン社〈SPORTS BIBLEシリーズ〉、2007年。ISBN 978-4583100012。