フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌
中森明菜カバー・アルバム
リリース
録音 517ST、Studio at the Palms[1][2]
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
プロデュース 鳥山雄司
チャート最高順位
中森明菜 年表
ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集
(2009年)
フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌
(2009年)
DIVA
(2009年)
テンプレートを表示

フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』(フォーク・ソング・ツー うたひめあいしょうか)は、日本歌手中森明菜カバー・アルバム。このアルバムは2009年7月29日にユニバーサルシグマよりリリースされた(CD: UMCK-1317、CD+DVD: UMCK-9286、デジタル・ダウンロード)。

背景[編集]

『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』は、2008年12月に発売した『フォーク・ソング〜歌姫抒情歌』に続く第二弾となるフォークソングカバー・アルバムで、中森にとって初となる3か月連続リリースの第二弾アルバムである[5][6]。このアルバムは、2009年7月29日に通常盤CD (UMCK-1317)と初回限定盤のCD+DVD (UMCK-9286)とデジタル・ダウンロードの3形態で同時発売された[7][8][9]。当初2009年7月22日の発売予定と伝えられていたが、1週延期しての発売となった[10][7][8][9]。本作と同時に、ビデオ・クリップ集『CLIP2002〜2007&MORE』も発売された[11][6]。初回限定盤のDVDにはレコーディング映像が収録された[7]。このアルバムのレコーディングは、517ST、Studio at the Palmsで行われた[1][2]音楽プロデューサーには、前作『フォーク・ソング〜歌姫抒情歌』に続き鳥山雄司を迎えた[12][1][2]。ジャケットは初回限定盤と通常盤でそれぞれ異なっており、前者のジャケットはカリカチュア・ジャパンのkageにより描かれた[7][8][13]

2009年8月12日と2009年8月19日の2週に渡って放送されたNHKの音楽番組『SONGS』にて、本作でカバーした「悪女」、「ベルベット・イースター」を披露し、さらに、「I LOVE YOU」、「なごり雪」のレコーディング風景がオンエアされた[14][15]。2009年8月18日からは、本作を引っさげてのスペシャル・ライブAKINA NAKAMORI Special Live 2009 “Empress at Yokohama”を開催した[16]。また、本作購入者期間限定特典には、2009年8月28日開催の同ライブの最終公演“Empress at YOKOHAMA” FOLK SONG NIGHT(18:30、21:00開演)のコンサート先行予約権が封入されていた[1]

批評[編集]

『CDジャーナル』は本作の中森の歌唱について「囁くように呟くように語りかけるスタイルと、低音を利かせて迫力を感じさせるパターン、だいたいこの二つに分かれているが、個性の発露ぶりはさすが。」と批評[6]。『ミュージック・マガジン』の保母大三郎は中森の歌唱について「歌を血肉化してILL」と批評し、アレンジについては「情感を増幅する鳥山雄司のアレンジも秀逸。」と批評した[17]

チャート成績[編集]

本作は、オリコン週間アルバムチャートの2009年8月10日付で初登場し、最高順位33位を記録した[18][4]。同チャートには、計6週に渡ってランクインしている[4]

収録曲[編集]

CD、デジタル・ダウンロード
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 旅の宿(よしだたくろうのカバー曲) 岡本おさみ 吉田拓郎 鳥山雄司
2. なごり雪(かぐや姫イルカのカバー曲) 伊勢正三 伊勢正三 古池孝浩
3. 心もよう(井上陽水のカバー曲) 井上陽水 井上陽水 鳥山雄司
4. ベルベット・イースター(荒井由実のカバー曲) 荒井由実 荒井由実 鳥山雄司
5. 精霊流し(グレープのカバー曲) さだまさし さだまさし 鳥山雄司
6. 悪女(中島みゆきのカバー曲) 中島みゆき 中島みゆき 鳥山雄司
7. シクラメンのかほり(布施明のカバー曲) 小椋佳 小椋佳 古池孝浩
8. 神田川(南こうせつとかぐや姫のカバー曲) 喜多条忠 南こうせつ 鳥山雄司
9. 学生街の喫茶店(GAROのカバー曲) 山上路夫 すぎやまこういち 鳥山雄司
10. I LOVE YOU(尾崎豊のカバー曲) 尾崎豊 尾崎豊 鳥山雄司
合計時間:
DVD(初回限定盤)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「レコーディング映像」    

クレジット[編集]

『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌』のライナー・ノーツより[1][2]

ミュージシャン[編集]

  • 「旅の宿」
  • 「なごり雪」
    • プログラミング & ギター: 古池孝浩
  • 「心もよう」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
    • ストリングス: Kawaguchi Shizuka Strings
  • 「ベルベット・イースター」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
  • 「精霊流し」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
    • ストリングス: Kawaguchi Shizuka Strings
  • 「悪女」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
  • 「シクラメンのかほり」
    • プログラミング & ギター: 古池孝浩
  • 「神田川」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
    • Vl: Shizuka Strings
  • 「学生街の喫茶店」
  • 「I LOVE YOU」
    • プログラミング & ギター: 鳥山雄司
    • ストリングス: Kawaguchi Shizuka Strings

スタッフ[編集]

  • All Songs Produced & Arranged by 鳥山雄司
  • Except (M-2,7) Arranged by 古池孝浩
  • レコーディング & ミキシング・エンジニア: MICHIO NAKAKOSHI
  • ヴォーカル・レコーディング・エンジニア: 安達義規
  • レコーディング & ミキシング・スタジオ: 517ST
  • レコーディング・スタジオ: Studio at the Palms
  • マスタリング・エンジニア: 藤野成喜 (UNIVERSAL MUSIC LLC)
  • マスタリング・スタジオ: ユニバーサルミュージック・マスタリング・スタジオ #1
  • レコーディング・コーディネーション: Halftone Music & Systems, HIKARI YAMANAKA (UNIVERSAL MUSIC LLC)
  • シューティング・コーディネーション: KAZ OGISO
  • アート・ディレクション: MASASHI FUKUTANI (amana interactive)
  • イラストレーション: kage (caricature japan)[1]
  • デザイン・コーディネーション: AKINA[1]
  • フォトグラファー: RYO KANZAKI[2]
  • スタイリスト: MIKA TANIGUCHI[2]
  • Faithway: YUMIKO KAWABATA
  • アートワーク・コーディネーション: 宮本仁美 (UNIVERSAL MUSIC LLC)
  • A&R: MASAO HATA(ユニバーサルシグマ
  • アシスタントA&R: YUKI ISHII(ユニバーサルシグマ)
  • Head of Marketing & Product Management Division: 大原浩(ユニバーサルシグマ)
  • セールス・プロモーション: NAOKO IWASAKI(ユニバーサルシグマ)
  • Head of Media Promotion: DAISUKE FUJIKAWA and CHIE ITOH(ユニバーサルシグマ)
  • レーベル・ヘッド: 森淳一(ユニバーサルシグマ)
  • スーパーヴァイザーズ: 佐々友成、川原伸司
  • エグゼクティヴ・プロデューサーズ: 寺林晁 (UNIVERSAL MUSIC LLC)、藤倉尚(ユニバーサルシグマ)
  • エグゼクティヴ・プロデューサー & ディレクター: 門村崇志

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g (2009年7月29日) 中森明菜『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌(初回盤)』のアルバム・ノーツ [12cmCD+DVD]. ユニバーサルシグマ (UMCK-9286).
  2. ^ a b c d e f (2009年7月29日) 中森明菜『フォーク・ソング2 〜歌姫哀翔歌(通常盤)』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. ユニバーサルシグマ (UMCK-1317).
  3. ^ 楽天ブックス: フォーク・ソング2〜歌姫哀翔歌 - 中森明菜 : CD”. 楽天. 2011年5月28日閲覧。
  4. ^ a b c フォーク・ソング2〜歌姫哀翔歌(初回盤) 中森明菜のプロフィールならオリコン芸能人事典-ORICON STYLE”. オリコン. 2012年4月15日閲覧。
  5. ^ 中森明菜 / フォーク・ソング〜歌姫抒情歌 [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年7月6日閲覧。
  6. ^ a b c 中森明菜 / フォーク・ソング2〜歌姫哀翔歌 [CD] [アルバム] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2011年5月28日閲覧。
  7. ^ a b c d フォーク・ソング 2 〜歌姫哀翔歌[初回限定盤][+DVD] - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2012年7月4日閲覧。
  8. ^ a b c フォーク・ソング 2 〜歌姫哀翔歌 - UNIVERSAL MUSIC JAPAN”. ユニバーサル ミュージック合同会社. 2012年7月4日閲覧。
  9. ^ a b iTunes - ミュージック - 中森明菜「フォーク・ソング 2 〜歌姫哀翔歌〜」”. アップル. 2012年7月4日閲覧。
  10. ^ 明菜3か月連続アルバム、昭和名曲に挑戦 - 芸能ニュース : nikkansports.com”. 日刊スポーツ. 2011年5月28日閲覧。
  11. ^ 中森明菜/CLIP2002〜2007&MORE [DVD] - CDJournal.com”. 音楽出版社. 2012年7月4日閲覧。
  12. ^ OOPS! ウープス - 中森明菜、『フォーク・ソング〜歌姫抒情歌』を12月24日にリリース。70年代フォークをカヴァー”. スプー (2008年12月12日). 2012年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月4日閲覧。
  13. ^ 2009年ニュース | 似顔絵 | カリカチュア・ジャパン株式会社”. カリカチュア・ジャパン (2009年10月2日). 2012年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月4日閲覧。
  14. ^ SONGS|これまでの放送|第102回 中森明菜Part1”. NHK. 2011年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  15. ^ SONGS|これまでの放送|第103回 中森明菜 Part2”. NHK. 2011年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 中森明菜3年ぶりのライブ決定。8日間で12公演 | 日テレNEWS24”. 日本テレビ放送網 (2009年6月9日). 2012年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月23日閲覧。
  17. ^ 保母大三郎「アルバム・レビュー 歌謡曲/Jポップ」、『ミュージック・マガジン 2009年10月号』第41巻第13号、ミュージック・マガジン、2009年9月19日、 162頁、 JANコード 4910084791090。
  18. ^ CDアルバム 週間ランキング-ORICON STYLE ランキング”. 2009年07月27日〜2009年08月02日のCDアルバム週間ランキング(2009年08月10日付). オリコン. 2012年4月15日閲覧。

関連項目[編集]