フォーサイト (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Foresight(フォーサイト)
Foresight.png
URL www.fsight.jp
使用言語 日本語
ジャンル 国際情報
運営者 株式会社新潮社
収益 プレミアム会員サービス
営利性 有料会員(月額800円、年額9600円)
設立日 2010年9月1日
現状 運営中

Foresight』(フォーサイト)とは、新潮社によって運営されているウェブサイトである[1]

有料会員制の情報サイトであるが、一部、無料で読むことのできる記事・コンテンツもある。 世界のニュース、日本の政治経済の重要な動きに関する記事・コンテンツを月額800円(税込)で提供している[2]

日本マイクロソフト元社長で「HONZ」代表の成毛眞が、著書『情報の「捨て方」』で、「インテリジェンス(文字にはなってしまいますが、情報としての偏差値は高い)なのです。他者に差を付けたければ、絶対に読むべき媒体です」と評価した[3]

2017年4月より、安河内龍太に代わり、副編集長であった内木場重人が編集長に就任した。

概要[編集]

沿革[編集]

1990年3月に、冷戦後の国際情勢と日本の政治経済の最先端の動きを伝える会員制クオリティ誌として創刊された(B5版)。1994年から1999年まで地球儀をキャンバスに世界情勢を描くインゴ・ギュンター(ドイツ語: de:Ingo_Günther_(Künstler))のグラフィックが『フォーサイト』の表紙を飾った[4][5]。2002年3月にA5変形版となる。2010年4月に休刊し[6]、9月にオンライン化されてwebマガジンとなった[7]。有料会員はこれまで掲載された1万本以上の記事すべてを読むことができる。

内容[編集]

2011年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以前にアルカイダウサマ・ビンラディンをいち早く危険人物として紹介したり[8]、早くからリーマン・ショックの引き金となったサブプライムローンに警鐘を鳴らすなど、紙媒体時代から、国際政治・経済に対する独自の情報・分析(記名記事が主)が強みである。

記事・コンテンツは「記事」、「専門家の部屋」、「Foresight Forum」の三本柱からなっている[9]

「記事」は内外の政治・経済情報を中心に「これだけは理解しておきたい」情報がアップロードされる。基本的に平日毎日更新(年末年始は除く)。

「専門家の部屋」は各分野のスペシャリストがニュースの水先案内を務め、情報提供と分析を行っている。

「Foresight Forum」は会員の情報・意見交換のためのフォーラムである。会員が作成したトピック(論題)や編集部が設定するテーマに関して情報や意見の交換ができる場となっている。 無料サイトからも閲覧は可能だが[10]、トピックスやコメントを書き込むことができるのは有料会員のみとなっている。

カテゴリー[編集]

テーマ別のカテゴリーは、

  • 国際
  • 経済・ビジネス
  • 金融、政治
  • 外交・安全保障
  • 環境・エネルギー
  • IT・メディア
  • 社会
  • 文化・歴史
  • スポーツ
  • 医療・サイエンス

に分類されている。

地域別のカテゴリーは、

  • 北米
  • 中南米
  • ヨーロッパ
  • ロシア
  • 中東
  • アフリカ
  • 中国・台湾
  • 朝鮮半島
  • 南アジア・中央アジア
  • 東南アジア・オセアニア
  • 国内

に分けられている。

メールマガジン[編集]

記事の更新について、週1回のメールマガジンが有料会員に送られる[11]

連載[編集]

  • 国際論壇レビュー(会田弘継
  • 堕ちゆく世界の迷走(青柳尚志)
  • 「遊民経済学」への招待(吉崎達彦
  • インテリジェンス・ナウ(春名幹男
  • 饗宴外交の舞台裏(西川恵
  • 国際人のための日本古代史(関裕二
  • クオ・ヴァディス きみはどこへいくのか?(徳岡孝夫
  • 経済の頭で考えたこと(田中直毅
  • 深層レポート 日本の政治
  • 80時間世界一周(竹田いさみ
  • 行き先のない旅(大野ゆり子)
  • 中東―危機の震源を読む(池内恵
  • 世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる(星野智幸
  • グローバル・ビジネスの新地政学(森山伸五)
  • Nippon再生のためのサプリメント(大野ゆり子)
  • ブックハンティング・クラシックス

過去の連載[編集]

書籍化された連載[編集]

  • 「民族世界地図」 (単行本から新潮文庫) (浅井信雄
  • 「宗教世界地図」 (単行本から新潮文庫) (立山良司
  • 「ジョークで読む国際政治」(新潮新書)(名越健郎
  • 「ワインと外交」(新潮新書)(西川恵
  • 「人間の浅知恵」(新潮新書)(徳岡孝夫
  • 「中東 危機の震源を読む」 (新潮選書) (池内恵
  • 「追跡・アメリカの思想家たち」 (新潮選書) (会田弘継

紙媒体時代末期の発行部数[編集]

発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 22,000 部 22,000 部 22,000 部
2009年 22,000 部 22,015 部 22,000 部 22,167 部
2010年 20,000 部

脚注[編集]

  1. ^ 雑誌|新潮社
  2. ^ フォーサイトご利用ガイド
  3. ^ 成毛眞『情報の「捨て方」知的生産、私の方法(角川新書 K-24)』KADOKAWA、2015年、52頁。ISBN 978-4-04-102844-5。
  4. ^ Ingo Günther Biography
  5. ^ My Globes: Foresight Style
  6. ^ 「フォーサイト」休刊のお知らせ
  7. ^ 「ウェブ版フォーサイト」今夏スタートのお知らせ
  8. ^ フォーサイト2000年6月号「広がる自爆テロの恐怖」34〜37ページ
  9. ^ フォーサイトTOPページ
  10. ^ フォーサイトTOPページ
  11. ^ メールマガジンについて