フォープレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フォープレイ
Fourplay
Bob James Jazzmen jazz music.jpg
フォープレイ結成メンバーのボブ・ジェームス
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル フュージョン
スムーズジャズ
活動期間 1990年 -
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード(1991年-2001年)
ブルーバード/アリスタ(2002年-2007年)
ヘッズ・アップ(2008年- )
公式サイト fourplayjazz.com
メンバー ボブ・ジェームス
ネイザン・イースト
ハーヴィー・メイソン
旧メンバー リー・リトナー
ラリー・カールトン
チャック・ローブ

フォープレイFourplay)は、ピアニストのボブ・ジェームス、ギタリストのリー・リトナー、ベーシスト兼ボーカルのネイザン・イースト、ドラマーのハービー・メイソンの4人により1990年に結成された、スムーズジャズフュージョンのグループ。ギタリストは、ラリー・カールトンを経てチャック・ローブにメンバー・チェンジしている。

歴史[編集]

1990年ボブ・ジェームスのリーダー・アルバム『グランド・ピアノ・キャニオン』にて、リー・リトナーネイザン・イーストハービー・メイソンを加えた4人で揃ってセッションを行い意気投合しグループを結成した。翌年にセルフ・タイトル・アルバムでデビュー。マーヴィン・ゲイの「アフター・ザ・ダンス」のカバーにはエル・デバージがゲスト出演している。このアルバムは、ビルボード誌コンテンポラリー・ジャズ・チャートで33週間1位を記録した。続くアルバム『ビトゥイーン・ザ・シーツ』、『エリクシール』と好成績を残し、3作ともゴールド・ディスクを獲得している。

4作目の企画をする中、リー・リトナーが多忙のためレコーディングの先送りを申し出た。しかしリトナーは、自主レーベル「i.e.ミュージック」を設立し更に忙しくなったため、4作目の製作はいよいよ困難になった。そこで他のメンバーは代わりのギタリストを探すことを決意し、ジョナサン・バトラー他数人の候補を挙げて交渉したが、直前にセッションしていたイーストがラリー・カールトンを推挙して、口説き、カールトンが加入した。

1997年に、新生フォープレイとしてアルバム『④』をリリース。リトナーと違いそれまで他のメンバーとのセッションの機会も少なく、録音間際での加入で作曲に参加できないなど当初のカールトンは他のメンバーとの距離が見受けられたが、1999年に企画でクリスマス・アルバム『スノーバウンド』、2000年に『イエス、プリーズ!』と新メンバーでもアルバムを発表し続け、以前にも増して結束力と各個性を強化した「ニュー・フォープレイ」を確立した。この後、メンバーは、それぞれの忙しいソロ活動と並行してグループ活動を継続した。またこの間、グループでボニー・ジェイムスリック・ブラウンの合作アルバム『シェイク・イット・アップ』にゲスト出演している。2001年に古巣のワーナー・ブラザース・レコードを離れ、アリスタが新設したジャズ・レーベル、ブルーバード・レコードに移り、6作目『ハートフェルト』を発表、2006年に通算10作目となる『X (テン)』を発表した。

2008年に公式サイトにて、2月4日にヘッズ・アップ・インターナショナルに移籍したと発表。9月に『エナジー』を発表、日本ではボーナストラックを加え1ヶ月前に先行発売している。また8月には2005年に行われたケープタウンでのライブを収録したDVD『ベスト・オブ・フォープレイ - ライヴ・イン・ケープタウン』が発売されている。

2010年2月に、ラリー・カールトンがソロ活動に従事するため脱退。後任にチャック・ローブが参加し[1]、10月に『レッツ・タッチ・ザ・スカイ』が発表された。

2015年8月に、バンド結成25周年記念アルバム『シルヴァー』が発表された。このアルバムには、ゲストとしてリトナーとカールトンがそれぞれ一曲ずつ参加している。9月6日には、第14回東京JAZZに日曜日夜の部のヘッドライナーとして出演。アンコールでは同日夜の部に出演したリトナーと、昼の部に出演したカールトンがゲストとして登場し、歴代全メンバーによる共演が行われた。

2016年10月10日、東京シーサイド・ジャズフェスティバルに出演。急病で出演できなかったチャック・ローブの代演に急遽ラリー・カールトンが参加。フォープレイは三日間のフェスティバルの初日と最終日の2回の出演であったが、初日は降雨中止となったため、一夜限りの復活となった。

2017年7月にギターのチャック・ローブが死去。2018年1月公式サイトにおいて、2018年は活動休止、2019年に再編するとのスケジュールが公表された。[2]

メンバー[編集]

最新ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『フォープレイ』 - Fourplay (1991年、Warner Bros.)
エル・デバージ参加
  • 『ビトゥイーン・ザ・シーツ』 - Between the Sheets (1993年、Warner Bros.)
グラミー賞ノミネート作。タイトル曲はアイズレー・ブラザーズのカバーで、チャカ・カーン参加。
  • 『エリクシール』 - Elixir (1995年、Warner Bros.)
グラミー賞ノミネート作。フィル・コリンズパッティ・オースティンピーボ・ブライソン参加。
  • 『ベスト・オブ・フォープレイ』 - The Best of Fourplay (1997年、Warner Bros.) ※ベスト盤
未発表曲あり、テイク6参加。
  • 『④』 - 4 (1998年、Warner Bros.)
ベビーフェイス、ケヴィン・レトー他参加。
  • 『スノーバウンド』 - Snowbound (1999年、Warner Bros.) ※クリスマス企画アルバム
エリック・ベネイ、ガブリエラ・アンダース、ジェリー・ヘイ他参加
  • 『イエス、プリーズ!』 - Yes, Please! (2000年)
シェリー参加。
  • 『ハートフェルト』 - Heartfelt (2002年、Bluebird/Arista)
ベビーフェイス参加。
  • 『ジャーニー』 - Journey (2004年、Bluebird/Arista)
  • 『X』 - X (2006年、Bluebird/Arista)
マイケル・マクドナルド参加。
エスペランサ、ヒラリー・ジェームス(ボブの娘)参加。
アニタ・ベイカールーベン・スタッダード参加。
松田聖子参加。
  • 『シルヴァー』 - Silver (2015年、Heads Up)
ラリー・カールトン、リー・リトナー参加。

ライブ・アルバム[編集]

  • Fourplay Live The Authorized Bootleg (1992年)

参加アルバム[編集]

DVD[編集]

  • 『イブニング・オブ・フォープレイ Vol.1,2』 - An Evening of Fourplay: Volumes I and II (1994年)
  • 『ベスト・オブ・フォープレイ - ライヴ・イン・ケープタウン』 - Live in Cape Town (2005年)
  • Live at San Javier Jazz Festival (2006年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]