フォーミュラ・トヨタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フォーミュラ・トヨタ
カテゴリ フォーミュラカー
国・地域 日本の旗 日本国内
開始年 1990年
終了年 2007年
コンストラクター トヨタ
エンジン
サプライヤー
トヨタ
タイヤ
サプライヤー
ブリヂストン
最終
ドライバーズ
チャンピオン
ケイ・コッツォリーノ
公式サイト [1]

フォーミュラ・トヨタFormula TOYOTA 、略称:FT)は、かつてトヨタ自動車が主催していた自動車レースの一カテゴリー。いわゆるジュニア・フォーミュラの一つである。国内初のワンメイクフォーミュラとして1990年から2007年まで開催された。

概要[編集]

FJ1600からフォーミュラ3をつなぐ中間カテゴリとして、1990年からスタートした[1]。2年目の1991年より「メイン」シリーズのほかに「ウエスト(西日本)」シリーズが分かれていたが、2000年から2007年までは一本化したシリーズとして開催された。開始当初よりエッソ石油が冠スポンサーにつき、「ESSOフォーミュラ・トヨタ・シリーズ」と称する。

初代チャンピオンはチームシフトポイントの影山正美[2]。その後も高木虎之介立川祐路片岡龍也平中克幸小暮卓史平手晃平小林可夢偉中嶋一貴大嶋和也関口雄飛らが経験を積み、フォーミュラ3フォーミュラ・ニッポンなどへステップアップを果たした。

1995年からフォーミュラ・トヨタの車両を使用するフォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)が開校。トヨタ系レーシングドライバーとFTの歴代チャンピオンがインストラクターを務めた。2000年にはFTRSのスカラシップ獲得者がトヨタ推薦枠でフォーミュラ・トヨタに参戦する育成プログラムがスタートし、2005年よりトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)に統合された。

しかしシャシーやエンジンが老朽化してきたことに加え、2006年よりトヨタ・日産ホンダの3社が共同で発足させたフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)が順調な立ち上がりを見せたこと、そしてFTに参戦するドライバーの多くがFCJにも参戦していることなどから、トヨタは2007年をもってシリーズ運営を休止することを発表した。ただし関谷正徳が校長を務めるFTRSについては2008年以降も継続して開催され、2013年までFTのシャシー・エンジンが使用された。

マシン[編集]

エンジンはカテゴリー発足当初から、名機と呼ばれる4A-GE(1,600cc)が一貫して採用されている。当初は4バルブ仕様だったが、1995年のシャシー更新時より5バルブ仕様に変更された。N1レベルのファインチューンが施され、燃料供給はキャブレターによる。吸気制限は行われておらず、最大出力はおよそ170馬力。

トランスミッションはヒューランド製のHパターン・4速のLD200。

シャシーはトムスが開発し、時期によって3種類存在する。

FT10(1991年-1994年)
アルミモノコックの初代FT車両。トムスGBとアルゴ (Argo Racing Carsの共同開発。
FT20(1995年-2001年)
エンジンのバルブ数変更(4→5)、カウル形状変更、サスペンションレイアウト変更、サイドバーの追加、メインロールバー強化等が行われた。
FT30(2002年-2007年)
ジュニア・フォーミュラながらもカーボンモノコックを採用したほか、リミテッド・スリップ・デフ (LSD) を搭載し、ブリヂストンより供給されるタイヤもバイアスタイヤからラジアルタイヤに変更された。

歴代勝者[編集]

チャンピオン 使用車両
1990年 日本の旗 影山正美 アルゴ-トムス・FT10
メイン ウエスト
1991年 日本の旗 田嶋栄一 日本の旗 望月英弘 アルゴ-トムスFT10・トヨタ
1992年 日本の旗 細野智行 日本の旗 山本将之
1993年 日本の旗 木下みつひろ 日本の旗 千石栄次
1994年 日本の旗 服部茂章 日本の旗 中谷二郎
1995年 日本の旗 藤田孝博 日本の旗 立川祐路 トムスFT20・トヨタ
1996年 日本の旗 藤原靖久 日本の旗 来島慎也
1997年 アルゼンチンの旗 ルベン・デルフラー 日本の旗 高木真一
1998年 日本の旗 築地正博 日本の旗 井上智行
1999年 日本の旗 サトウカイチ 日本の旗 井上智
チャンピオン
2000年 日本の旗 後藤聡
UGOルボーセ・スパ東照FT
トムスFT20・トヨタ
2001年 日本の旗 横溝直輝
SUPER NOVA
2002年 日本の旗 小早川済瑠
PYRAMIC.COMルボーセ
トムスFT30・トヨタ
2003年 日本の旗 中嶋一貴
ウルトラフロースカラシップFT
2004年 日本の旗 安岡秀徒
ノームフェスト・ルボーセFT
2005年 日本の旗 大嶋和也
TDPスカラシップFT
2006年 日本の旗 関口雄飛
ギャマット・マセキ芸能bpFT
2007年 イタリアの旗 ケイ・コッツォリーノ
カルミネ・ルボーセFT

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 同年には三菱自動車も同じコンセプトで「フォーミュラ・ミラージュ(FM) 」を立ち上げている。
  2. ^ Profile 影山正美オフィシャルブログ