フォーリング・イン・ビトゥイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
フォーリング・イン・ビトゥイーン
TOTOスタジオ・アルバム
リリース 2006年1月25日(日本)[1]
2006年2月13日(ヨーロッパ)[2]
録音 2005年2月 - 10月
ジャンル ロック
時間 50分45秒(日本盤)
レーベル キングレコード(日本)
フロンティアーズ・レコード(ヨーロッパ)
プロデュース TOTO
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(スウェーデン[3]
  • 10位(オランダ[4]
  • 12位(スイス[5]、フィンランド[6]
  • 16位(ノルウェー[7]
  • 18位(イタリア[8]
  • 22位(日本[1]
TOTO 年表
エッセンシャル・TOTO
(2003年)
フォーリング・イン・ビトゥイーン
(2006年)
フォーリング・イン・ビトゥイーン・ライヴ
(2008年)
テンプレートを表示

フォーリング・イン・ビトゥイーン』(Falling in Between)は、TOTO2006年に発表したアルバム。日本で先行発売された。

解説[編集]

スタジオ・アルバムとしては『マインドフィールズ』(1999年)以来7年ぶりの作品で、サポート・メンバーとしてバンドに関わっていたグレッグ・フィリンゲインズが正式メンバーとして加入し、既にツアーからの引退を表明していたデヴィッド・ペイチも曲作りやレコーディングには全面参加した。

バンドの旧メンバー、シカゴのメンバー、ジェスロ・タルイアン・アンダーソン等、多くのゲスト・ミュージシャンを迎えて制作された。日本盤のみ、ロイ・ハーグローヴをゲストに迎えたインストゥルメンタル「ザ・リーファーマン」が追加収録された。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はスティーヴ・ルカサーデヴィッド・ペイチマイク・ポーカロサイモン・フィリップスボビー・キンボールの共作。

  1. フォーリング・イン・ビトゥイーン - "Falling in Between" (Steve Lukather, David Paich, Simon Phillips, Mike Porcaro, Bobby Kimball, Greg Phillinganes) - 4:06
  2. ダイイング・オン・マイ・フィート - "Dying on My Feet" - 6:11
  3. ボトム・オブ・ユア・ソウル - "Bottom of Your Soul" - 6:58
  4. キング・オブ・ザ・ワールド - "King of the World" (B. Kimball, S. Lukather, D. Paich, Steve Porcaro, S. Phillips, M. Porcaro) - 4:04
  5. フックド - "Hooked" - 4:36
  6. シンプル・ライフ - "Simple Life" (S. Lukather) - 2:22
  7. テイント・ユア・ワールド - "Taint Your World" - 4:01
  8. レット・イット・ゴー - "Let It Go" (S. Lukather, D. Paich, S. Phillips, M. Porcaro, B. Kimball, G. Phillinganes) - 5:00
  9. スピリチュアル・マン - "Spiritual Man" (D. Paich) - 5:22
  10. ノー・エンド・イン・サイト - "No End in Sight" - 6:10

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ザ・リーファーマン - "The Reeferman" (D. Paich, S. Lukather, S. Phillips, M. Porcaro) - 1:46

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン[編集]

脚注[編集]