フォー・ノー・ワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > フォー・ノー・ワン
フォー・ノー・ワン
ビートルズ楽曲
収録アルバム リボルバー
英語名 For No One
リリース 1966年8月5日 (1966-08-05)
録音
ジャンル バロック・ポップ
時間 2分01秒
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

リボルバー 収録曲
アンド・ユア・バード・キャン・シング
(B-2)
フォー・ノー・ワン
(B-3)
ドクター・ロバート
(B-4)
ミュージックビデオ
「For No One」 - YouTube

フォー・ノー・ワン」(英語: For No One)は、ビートルズの楽曲である。1966年に発売された7作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『リボルバー』に収録された。名義はレノン=マッカートニーとなっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた失恋した男がテーマとなったバロック・ポップ調の楽曲[1][2]アラン・シヴィルによるフレンチ・ホルンのソロが含まれており、最後のヴァースでは対位法として演奏されている。

ジョン・レノンは「ポールが書いた曲の中で一番好きな曲の一つ」と述べている[3]

背景・レコーディング[編集]

マッカートニーは、休暇で当時の彼女ジェーン・アッシャー[4]スイスへスキーリゾートに出かけた際のバスルームで、本作を書いた[5]。その時の仮タイトルは「Why did it Die?(なぜそれは死んだのか?)」だった[6]。マッカートニーは、歌詞について「よくあるテーマ。女性との関係が簡単だったことは、ただの一度だってなかった」と語っている[4]

「フォー・ノー・ワン」のレコーディングは、1966年5月9日に開始され、16日、19日の3日間で完成した。マッカートニーはベースボーカルの他に、ピアノジョージ・マーティンAIR社より借りてきたクラヴィコードリンゴ・スタードラムスタンバリンマラカスを演奏[7]

5月19日にフレンチ・ホルンのソロがオーバーダビングされた。このフレンチ・ホルンのソロは、この曲のレコーディング・エンジニアジェフ・エメリックが「ロンドンで一番のホルン奏者」と評したフレンチ・ホルン奏者アラン・シヴィルが担当した[8]

なお、レノンとジョージ・ハリスンは参加していない[9]

批評[編集]

音楽評論家から肯定的な評価を得ており、オールミュージックのトーマス・ワードは「ポール・マッカートニーが書いたビートルズの素晴らしいバラードの1つ」とし、「独特のマッカートニーのタッチに満ちた、疑う余地のないシンプルで素晴らしい楽曲」と評している[10]ローリング・ストーンロブ・シェフィールド英語版は、『リボルバー』においてマッカートニーが書いた歌詞を称賛し、本作について「究極の別れの歌」と評価した[11]

演奏[編集]

※出典[12]

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Steve Smith: Wyman and Taylor join the Rolling Stones onstage; Coldplay takes a break”. 2012年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月27日閲覧。. Pasadena Star-News. 27 March 2019.
  2. ^ Parsons, Matthew (2016年1月25日). “25 classical pieces with surprising Beatles connections”. CBC Music. 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ The Beatles 2000, p. 209.
  4. ^ a b Miles 1997, p. 289.
  5. ^ The Beatles 2000, p. 207.
  6. ^ Dowlding 1989, p. 142.
  7. ^ Everett, Walter (1999). The Beatles as Musicians: Revolver Through the Anthology. p. 56. ISBN 0-19512-941-5. https://books.google.com/books?id=eTkHAldi4bEC&pg=PA56&lpg=PA56&dq=beatles+for+no+one+maracas&source=bl&ots=D-oWEetf2N&sig=ET6VuqFCLBTXzLNAt0k0gbacaOY&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjOwr7w_PHNAhVFtpQKHVJmDL44ChDoAQgaMAA#v=onepage&q=beatles%20for%20no%20one%20maracas&f=false 
  8. ^ Emerick & Massey 2006, p. 128-129.
  9. ^ Lewisohn 1988, p. 78-79.
  10. ^ Ward, Thomas. For No One - The Beatles | Song Info - オールミュージック
  11. ^ Celebrating 'Revolver': Beatles' First On-Purpose Masterpiece”. Rolling Stone. Penske Business Media (2016年8月5日). 2020年9月6日閲覧。
  12. ^ MacDonald 2005, p. 205-206.
  13. ^ Cilla Black - A Fool Am I (1966, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年9月6日閲覧。
  14. ^ Liza Minnelli - Liza Minnelli (1968, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年9月6日閲覧。
  15. ^ Emmylou Harris - Pieces Of The Sky”. Discogs. Zink Media. 2020年9月6日閲覧。
  16. ^ Neder, Alvaro. Qualquer Coisa - Caetano Veloso | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月6日閲覧。
  17. ^ Give My Regards to Broad Street - Paul McCartney | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月6日閲覧。
  18. ^ Rickie Lee Jones - It's Like This”. Discogs. Zink Media. 2020年9月6日閲覧。
  19. ^ Katie Noonan - Blackbird (The Music Of Lennon And McCartney) (2008, CD)”. Discogs. Zink Media. 2020年9月6日閲覧。
  20. ^ Tracks on The Art of McCartney (Deluxe Edition) - various artists (November 17, 2014)”. SecondHandSongs. 2020年9月6日閲覧。

参考文献[編集]