フジテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フジテック株式会社
FUJITEC CO., LTD.
フジテック ロゴ
Main Gate of Big Wing (Headquarter of FUJITEC CO., LTD.).jpg
本社(ビッグウィング)外観
種類 株式会社
市場情報
略称 フジテック
本社所在地 日本の旗 日本
〔 本社 〕 〒525-8588
滋賀県彦根市宮田町591-1
北緯35度17分46秒
東経136度16分46.5秒
座標: 北緯35度17分46秒 東経136度16分46.5秒
〔 東京本社 〕 〒108-8307
東京都港区白金1-17-3
設立 1948年2月9日
業種 機械
法人番号 3160001009212 ウィキデータを編集
事業内容 エレベータエスカレータ動く歩道の研究開発・製造・販売・据付・保守
代表者 内山高一(代表取締役社長執行役員社長)
資本金 125億3393万円
(2020年3月31日現在)
発行済株式総数 90,067千株
売上高 連結:1,812億3,200万円
単体:747億5,100万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:133億7,500万円
単体:48億9,100万円
(2020年3月期)
純資産 連結:1,187億1,400万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:1,935億8,100万円
単体:871億1,000万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:10,292人
単体:3,040人
(2020年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 株式会社ウチヤマ・インターナショナル 6.22%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社 5.42%
りそな銀行 5.00%
(2020年3月31日現在)
外部リンク https://www.fujitec.co.jp/
テンプレートを表示
本社最寄り駅である近江鉄道本線フジテック前駅。背後にエレベーター研究塔が聳える

フジテック株式会社: FUJITEC CO., LTD.)は、関西発祥の日本エレベータエスカレータの大手専業メーカー。

概要[編集]

本社は滋賀県彦根市宮田町にある「ビッグウィング」(2006年(平成18年)4月3日大阪府茨木市から移転。現ビッグフィット)。

エレベータで日本国内シェア4位。エスカレータで5位。駅や公共施設、大型商業施設などに多数採用されている。 また、早くから日本国外に進出し、世界各地に営業拠点、生産拠点を設ける。特にシンガポールや香港などで高いシェアを占めている。

工場は、日本国内では、本社のある滋賀県彦根市にエレベータ工場、兵庫県豊岡市にエスカレータ工場がある。また、日本国外では、アメリカ(オハイオ)、インド、中国(北京郊外)、台湾、香港、韓国にエレベータ工場が、中国(上海)にエスカレータ工場がある。

設立は1948年(昭和23年)2月9日。創業者は内山正太郎。

なお、富士電機よりエレベータやエスカレータに使用されるモータやインバータ制御装置などの供給を受けている。

大輪会の会員企業である[1]

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 大阪府大阪市西区に富士輸送機工業株式会社設立。
  • 1963年(昭和38年) - 大阪証券取引所2部上場。
  • 1965年(昭和40年) - 大阪府茨木市に本社移転。大阪製作所が稼働開始。
  • 1968年(昭和43年) - 韓国支社「フジテックコリア」設立。
  • 1970年(昭和45年) - 東京証券取引所2部上場。
  • 1974年(昭和49年) - 現社名に変更。東京証券取引所、大阪証券取引所各1部指定替え。
  • 1989年(平成元年) - 豊岡製作所(現ビッグステップ)が稼働開始。
  • 1989年(平成元年) - フジテックフロンティア(株)、フジテック総合施設(株)を分社、設立。
  • 1991年(平成2年) - フジテック総合施設(株)がフジテックエンジニアリング(株)に社名変更。
  • 1999年(平成11年) - フジテックフロンティア(株)、フジテックエンジニアリング(株)を吸収合併。
  • 2000年(平成12年) - 滋賀製作所(現ビッグウィング)が稼働開始。
  • 2006年(平成18年) - 本社・研究開発・生産の各機能を統合したビッグウィングが完成。
  • 2008年(平成20年) - 東京本社を開設しビッグウィングとの2本社体制を構築。
  • 2010年(平成22年) - エスカレータ開発・生産拠点“ビッグステップ”が完成。
  • 2010年(平成22年) - アフターマーケット拠点“ビッグフィット”が完成。
  • 2012年(平成24年) - 大阪証券取引所1部上場廃止。
  • 2017年(平成29年) - ビッグウィングにWING SQAURE(ウィングスクエア)が完成。
  • 2018年(平成30年) - 東京本社を東京都港区白金に移転。
  • 2020年(令和2年) - クリエイティブスタジオをビッグウィング、東京本社、ビッグステップにそれぞれオープン

機種[編集]

エレベータ[編集]

到着アナウンスは、新機種よりもとむらみちこ篠原恵美荒木香衣勝生真沙子が担当している。 なお、各機種販売開始直後に設置されたエレベータは、デザインが新機種であっても、機械系統が従来品であるなどして、前機種として扱われる場合がある。

標準[編集]

FUJIPET-フジペット
SUPERDYNE - スーパーダイン
1970年代前半[2]から販売されていた標準型エレベータの商標。ロープ式ではこの機種より交流帰還制御化。交流二段速度制御にある到着前の低速運転を無くし、運転時間を短縮した。
ROYAL SUPERDYNE - ロイヤルスーパーダイン
1978年12月[3] から販売されていた標準型エレベータの商標。ロープ式ではこの機種よりマイコン制御化。なお、標準型エレベータでマイコン制御化されたのはこの機種が世界初である。
ROYAL SUPERDYNE IMPERIAL - ロイヤルスーパーダイン・インペリアル
1981年12月[4]から販売されていた標準型エレベータの商標。デザインが変更されインジケーター・ボタンが前機種より大型化されたほか、ロープ式の最高速度を分速150mに引き上げた機種を新たに発売した。
EXCELDYNE - エクセルダイン
1984年11月[5]より販売されていた標準型エレベータの商標。この機種より、ロープ式ではVVVF制御となり、油圧式もマイコン制御化された。また、操作盤も袖壁に斜め45度で設置されるコーナーフィット型となった。乗り場インジケーターおよびかご内インジケーターがLED化、かご内の階数表示・矢印表示もLEDマトリクスとなり、この機種から運転中は矢印がスクロールするようになっている。
ELISIO - エリシオ
1991年3月[6]より販売されていた標準型エレベータの商標。ロープ式では巻き上げ機にヘリカルギアを採用。前機種までは乗り場と車椅子用の操作盤にある階数表示・矢印表示は行灯式になっていたが、この機種以降はLEDマトリクスに統一された。後期以降の機種ではロゴマークが変更された他、油圧式もバルブ制御からインバータ制御に変更された。
NEW ELISIO - ニューエリシオ
1990年代後半より販売されていたELISIOのマイナーチェンジ機種。袖壁の形状や操作盤などのデザインが変更されているほか、ドア装置も前機種までのリンク式からベルト式に変更された。
ECEED - エシード
1998年11月[7]より販売されていた。この機種よりマシンルームレス化されたが、操作盤などのデザインはNEW ELISIOとほぼ同一だった。円筒型巻き上げ機がピット下に設置されていた。
ECEED-e2 - エシードe2
2001年9月[8]より販売されていた。操作盤などのデザインが大幅に変更されたほか、この機種より最下階乗り場付近に薄型巻き上げ機が設置されるようになった。ボタンは青地で点灯色は橙色で、確認音がフジテックで初めて搭載された。
ECEED-α - エシードα[9]
2005年1月[10]より販売されていた。この機種よりかご内表示に液晶インジケータが採用されるようになった。ボタンのデザインがECEED-e²の青地で文字色白、点灯色が橙色四角型から、白地、文字色青、点灯色橙色の丸型に変わった。但し非常ボタンはECEED-e²と同一の黄色地四角型である。音声案内はECEED-e²と同じである。
XIOR - エクシオール
2008年4月発売[11]。液晶インジケータの階数表示がエシードαと比べてやや上に表示されているほか、のちにアナウンスのイントネーションが変わった。2018年現在の現行機種は英語表記も変わった。ボタンは基本的にECEED-αと同じデザインだが、押し心地が少し固めになり、非常ボタンも丸型に変更された。また、開ボタンも一部を除き幅が広くなった。アナウンスも再び変わった。
NEW XIOR - ニューエクシオール
2020年4月発売の現行機種。XIORからのフルモデルチェンジとなった。国内企業初のエレベータ専用クーラー標準装備に加え、オプション仕様では定格速度に分速120m、非接触ボタンがラインナップされた。乗り場、カゴ内ともに液晶インジケーターが基本仕様となり、かご内の液晶インジケーターは8.4インチに大型化された(ただし乗り場に関しては、デジタル式も選べる。)。アナウンス・液晶表示は日本語英語の2カ国語(緊急時は中国語韓国語を加えた4カ国語)に対応している[12]
RAKUL - ラクール
2001年1月[13]から駅舎向けに販売されている、JR西日本テクシアと共同開発した、貫通式エレベータ。マシンルームレスで、正背タイプは両開き4枚ドアである。正側タイプは正面は両開き4枚ドア、側面は両開き2枚ドアである。大抵の物がシースルーなのも特徴。正背タイプは釣り合い重りを2個使用しており機械室レスタイプでは珍しいローピング比1:1を採用しているなど機構的にも珍しい点が多い。なおJR西日本テクシアと共同開発されたが故、フジテックが販売している「RAKUL」とJR西日本テクシアが販売している「J.Slim」と共通仕様となっており、JR西日本の駅舎にはJ.Slimが設置されている。
Universal Design - ユニバーサルデザイン
2001年から2017年まで販売されていた、ユニバーサルデザインに特化したエレベータ。

中低層用[編集]

EXCEL AMI - エクセルアミ
ロイヤルスーパーダインの4人乗りバージョン。駆動方式がドラムにロープを巻き付けてかごを上下する「巻胴式」、「閉」ボタンと階数表示がないほか、乗場呼びボタンも到着階の表記などは最下階のみで他の階は呼びボタンのみの設置となっているのが特徴である。
NEW EXCEL AMI - 新エクセルアミ
エクセルアミの後継機。巻胴式ヘリカル巻上機を採用。
ECEED-4 - エシード4
新エクセルアミの後継機。ギヤレス巻上機を採用、マシンルームレス化された。
EDESSE - エデッセ
エシード4の後継機。階段室型共同住宅用マシンルームレスエレベータ。エクセルアミとは異なり側壁の位置に操作盤が設置してある。

家庭用[編集]

ゆとりあ
家庭用ホームエレベータ。現在は製造中止になっている。

オーダー型[編集]

Order ELISIO - オーダーエリシオ
XJ Series - XJシリーズ
2002年頃まで販売されていた、オーダー型エレベータの商標。後継はOrder ECEED。
SKYSALON - スカイサルーン
2000年頃発売された展望型エレベータ。
Order ECEED - オーダーエシード
2002年から2009年まで販売された、ECEED-e2,ECEED-αのオーダー型。
Order XIOR - オーダー型エクシオール
2009年から販売している、XIORの規格外エレベータで、厳密にはXIORのオーダー型仕様の位置付け。標準型XIORとはデザインやかごサイズが異なる。

リニューアル[編集]

安全向上パッケージ
エレベータの安全対策,防災対策に重点を置いた製品で戸開走行保護装置,地震時管制運転装置+耐震補強される。
エレベータ制御リニューアル
ロープ式エレベータの乗り心地、安全性、省エネ、デザイン性を向上させるための製品。
エレベータ制御盤交換パッケージ
ロープ式油圧式両方に対応し、標準期間はロープ式は4日間、油圧式は6日間ほどと短工期である。この製品では基本、制御方式は変更されない。

エスカレータ[編集]

エスカレータのアナウンスは、一部はもとむらみちこが担当している。もう片方の女性アナウンサーは不明。

GSシリーズ
2002年に発売されたグローバルスタンダードエスカレータ。
VGシリーズ
2005年に発売された日本国内向け標準型エスカレータ。
GS-NXシリーズ
2008年から発売されている、標準型エスカレータ。
Slimfit - スリムフィット
2011年から発売されている、業界最小寸法のエスカレータ
AUTOWALK - オートウォーク
動く歩道。水平タイプと12°傾斜タイプがある。

事故・トラブル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]