フジテレビのアナウンサー一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フジテレビジョン > フジテレビのアナウンサー一覧

フジテレビのアナウンサー一覧(フジテレビのアナウンサーいちらん)は、フジテレビジョン編成局アナウンス室に所属するアナウンサーを一覧にしたものである。※印はアナウンス室長経験者。

現職アナウンサー[編集]

入社年、年齢順に表記、*はニッポン放送からの転籍者。

男性[編集]

女性[編集]

アナウンス室の管理職[編集]

  • 佐藤里佳 (アナウンス室室長) 2019年7月1日より室長に昇任。同年6月までは部長。
  • 西山喜久恵(アナウンス室部長)2019年7月1日より部長に昇任。同年6月までは副部長。

元アナウンサー[編集]

入社年順に表記。部署・役職等は現在判明している最終の類。

他部署へ異動[編集]

丸かっこ内の数字は編成制作局アナウンス室在籍期間。

男性
  • 川端健嗣(1984年 - 2013年、秘書室社長秘書役)
  • 横井克裕(1986年 - 1996年、総務局法務室統括担当部長)
  • 塩原恒夫(1987年 - 2017年、BSフジ編成局広報担当局長)
  • 智田裕一(1989年 - 2005年、報道局生活情報部デスク担当部長・解説委員
  • 長坂哲夫(1990年 - 2009年、報道局社会部記者)
  • 小泉陽一(1991年 - 1995年、報道局)
  • 桜井堅一朗(1997年 - 2005年、スポーツ局スポーツ制作プロデューサー)
  • 八馬淳也(1998年 - 2003年、報道局ニュースディレクター)
  • 川原浩揮(旧姓岡田)(2001年 - 2005年、報道局報道センター)
  • 森下知哉(2001年 - 2009年、報道局取材センター社会部司法クラブ記者)
  • 渡邉卓哉(2002年 - 2006年、FCIニューヨーク支局)
  • 福永一茂(元ニッポン放送、2006年 - 2017年、営業局ローカル営業部副部長)
女性
  • 吉崎典子(1984年 - 2012年、総合事業局イベント事業センターライツ事業部シニアプロデューサー)
  • 小田多恵子(1985年、総務局放送文化推進センター局長)
  • 阿部知代(1986年 - 2015年、報道局マルチデバイスニュースセンターシニアコメンテーター)
  • 青木美枝(1987年 - 1996年、経理局財務部謝金担当)
  • 木幡美子(1989年 - 2011年、放送文化推進局CSR推進室部長)
  • 田代尚子(1989年 - 2014年、ホウドウキョクマルチデバイスニュースセンター)
  • 春日由実(1997年 - 2017年、編成局広報センター)
  • 秋元優里(2006年 - 2019年、総合事業局コンテンツ事業室)
  • 冨田憲子(元ニッポン放送、2006年 - 2012年、報道局)
  • 山本麻祐子(元ニッポン放送、2006年 - 2012年、広報局広報室広報部)
  • 細貝沙羅(2010年 - 2016年、人事局人事部)

退社・退職者[編集]

丸かっこ内の数字はフジテレビ在籍期間。特記事項の無い人物は主にフリーアナウンサーニュースキャスター司会者タレントとして活動している。

男性[編集]

  • 青柳森(文化放送アナウンサー第2期生 1957年11月フジテレビ開局準備委員、開局後同局アナウンサー兼務)2019年に死去
  • 小篠菊雄※(1958年 - ?)
  • 高橋博※(元NHK、ニッポン放送、1958年 - 1968年?) - フジテレビ初代アナウンス室長、1982年に死去
  • 鶴岡巍(1958年 - 1964年) - 東京12チャンネル(現テレビ東京)へ移籍
  • 今井彬※(元ニッポン放送、1959年 - ?) - 2006年に死去
  • 角谷優(1961年 - ?) - 後に映画部長、FCI社長を経て、現在も映画関連に関わる
  • 辻川一徳(1961年 - ?) - 後にBBC日本語放送に出向後、ロンドン・ベルリンの支局長などを務め2001年に退社。
  • 塚田幸久(1961年 - ?)
  • 鳥居滋夫(元文化放送、1962年 - ?) - 2007年に死去
  • 山田祐嗣※(元ニッポン放送、1962年 - 1989年)
  • 岩佐徹(1963年 - 1998年) - 他部署を経てWOWOW出向。フジテレビ定年退職後もWOWOW専属契約のアナウンサーとして活躍し、2005年9月に同局との契約を終了
  • 露木茂(1963年 - 2002年) - フリーアナウンサー・東京国際大学特命教授・客員教授
  • 能村庸一(1963年 - 2011年[2]) - 時代劇プロデューサー[3][4]。2017年に死去[5]
  • 境政郎(1964年 - 1980年) - 編成局などを経て現・エフシージー総合研究所社長
  • 永島信道※(1964年 - 2002年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師
  • 浪久圭司(1964年 - 2009年) - 後に常務、BSフジ代表取締役社長、BSフジ代表取締役会長(2009年まで)を歴任後、朗読者[6][7]
  • 盛山毅(1964年 - 1997年) - 同年共同テレビジョンへ移籍。同社顧問
  • 小林大輔(1965年 - 1989年) - フリーアナウンサー・司会者・朗読者[8][9]
  • 大林宏(1966年 - 2002年) - 上武大学客員教授
  • 野間脩平※(1966年 - 2003年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師。妻は竹下典子
  • 逸見政孝(1968年 - 1987年) - フリーアナウンサー、1993年に死去。
  • 松倉悦郎(1968年 - 2002年) - 浄土真宗本願寺派僧侶
  • 山川建夫(1968年 - 1985年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師
  • 大川和彦(1971年 - 2007年) - フジサンケイ人材センター開発部長(役員待遇)
  • 須田哲夫(1971年 - 2019年) - 解説委員兼務の嘱託
  • 増田明男(1973年 - 2010年) - 後にFNNソウル支局長→報道局解説委員
  • 堺正幸※(1975年 - 2012年)- フリーアナウンサー・2009年以降CSR推進室専任局長などを歴任
  • 陣内誠※(1976年 - 2010年) - スタジオアルタ代表取締役専務
  • 福井謙二※(1976年 - 2013年) - フリーアナウンサー
  • 近藤雄介(1979年 - 2015年) - フリーアナウンサー
  • 野崎昌一(1979年 - 2012年) - ネクステップ執行役員を経てフリーアナウンサー
  • 山中秀樹(1981年 - 2006年) - フリーアナウンサー
  • 向坂樹興(1982年 - 2020年)
  • 牧原俊幸※(1983年 - 2018年) - フリーアナウンサー
  • 吉沢孝明(1984年 - 2017年) - フリーアナウンサー
  • 笠井信輔(1987年 - 2019年) - フリーアナウンサー
  • 境鶴丸(1989年 - 2016年)
  • 吉田伸男(1990年 - 2015年) - 東部重工業代表取締役社長を経て、フリーアナウンサーに転身
  • 長谷川豊(1999年 - 2013年) - 2010年9月から2012年6月まではニューヨーク支局勤務、その後人事局付→著作権部を経て退社、フリーアナウンサー
  • 田中大貴(2003年 - 2018年) - フリーアナウンサーに転身
  • 栗村智(2006年) - 同年4月にニッポン放送から転籍するも、7月に再転籍
  • 塚越孝(元ニッポン放送、2006年 - 2012年) - 2011年にアナウンス部を離れ、他部署在籍中の2012年6月に死去[10]
  • 松元真一郎(元福島放送→中京テレビ→ニッポン放送、2006年 - 2012年) - フリーアナウンサー・ナレーター
  • 小野浩慈(元ニッポン放送、2006年 - 2015年)
  • 桜庭亮平(元ニッポン放送、2006年 - 2017年)
  • 大島秀麿※(元NHK[11]
  • 岡正 - 後に『うる星やつら』や『イタダキマン』などのプロデューサーを歴任、2019年10月に逝去。
  • 奥田明利※(元NHK[12]) - 後に1976年頃は編成局次長[要出典]
  • 沢田純三※
  • 田中亮介(元NHK) - 後に他部署
  • 長谷川恵一
  • 本田義夫※
  • 倉田充男(元NHK)

女性[編集]

関連人物[編集]

局契約
以下の4人はNHKより移籍
系列局からの出向
共同テレビジョン所属・フジテレビ専属契約
出向・局契約含む。相川を除き現在もフリーアナウンサーとして活動
デジタルアナウンサー

備考[編集]

ニューヨーク支局にアナウンサーを1名交代で派遣(フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナルへ出向)していた。期間は2年〜4年等と様々である。業務は、日本に向けて最新情報を伝えたり、ケーブルテレビを通じて「FCIモーニングEYE」で在米日本人向けに日本語でニュースを伝えるのが主である。2015年に阿部知代が帰国したのを最後として派遣されたアナウンサーはいない。

フジサンケイグループ共同テレビジョンに1993年に入社した関戸めぐみと、2000年に入社した相川梨絵安藤幸代滝川クリステルの3人は、同社にアナウンサー専門職として採用された後、フジテレビアナウンス室へ出向し、「専属契約アナウンサー」という形でアナウンス業務に当たっていた。

2006年4月にニッポン放送が放送事業を承継する新・ニッポン放送を分割設立し、社名変更したニッポン放送ホールディングスが親会社のフジテレビジョンに吸収されたことに伴い、11人のアナウンサーがフジテレビへと転籍した。転籍直後は一部のラジオ番組に引き続き出演していたが、同年9月末を以て担当番組から外れた。なお、小野浩慈のみはフジテレビからの出向という形で、2007年10月から2009年3月までニッポン放送のスポーツ中継で実況を担当していた。また、栗村智は転籍3ヶ月後の7月にニッポン放送へ再度転籍(事実上復帰)した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “生島ヒロシ「独立の際は…」旅立つ局アナ3人応援”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年5月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005050000589.html 2020年5月6日閲覧。 
  2. ^ 第38回 公開セミナー開催 フジテレビプロデューサ 能村庸一さんのセミナー”. キャリア学習サポート21. さいたま市市民活動サポートセンター. 2017年5月22日閲覧。
  3. ^ 「ウチくる︕︖」2013年9月15日(日)放送内容”. 価格.com. テレビ紹介情報. カカクコム. 2019年4月5日閲覧。
  4. ^ 時代劇ニュース オニワバン! 第六十七回”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月5日閲覧。
  5. ^ “「鬼平犯科帳」などプロデュース 能村庸一氏死去 76歳”. スポーツニッポン. (2017年5月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/21/kiji/20170521s00041000217000c.html 2019年4月5日閲覧。 
  6. ^ 結城思聞 (2009年7月21日). “我が師・浪久圭司さん”. 思聞のひとりごと. BIGLOBE. 2014年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月7日閲覧。
  7. ^ a b 朗読へのお誘い XI 青山の昼下がり (PDF)”. NPO日本朗読文化協会. NPO日本朗読文化協会 (2018年7月5日). 2019年4月7日閲覧。
  8. ^ 小林大輔 (2012年5月6日). “小林大輔とは”. 小林大輔のほのぼの朗読. FC2. 2019年4月5日閲覧。
  9. ^ “としま文化フォーラム2012” (PDF) (プレスリリース), 豊島区, http://www.mtp-stage.co.jp/shikraisikayokonoheya/schd/2012/toshima/toshima_ura.pdf 2019年4月5日閲覧。 
  10. ^ “塚越元アナ フジテレビのトイレで首つり自殺 遺書も”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2012年6月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2012/06/28/0012253752.shtml 2020年5月6日閲覧。 
  11. ^ 1951年入局(同期に金子辰雄平光淳之助など)。
  12. ^ 1947年入局。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m おじゃマップ|SP|2015/12/23(水)19:00放送|フジテレビ”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2017年7月6日閲覧。
  14. ^ Shimon Yuki(松倉悦郎)2016年3月12日の投稿 - Facebook
  15. ^ “元フジテレビ・アナウンサーの三竹映子さん、女性性開花プログラム「AFP」の講師になっていた!”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月24日). オリジナルの2017年12月8日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20171208010308/www.hochi.co.jp/entertainment/20171124-OHT1T50144.html 2017年12月8日閲覧。 
  16. ^ [永千絵さん]六輔さんを在宅介護”. yomiDr.. コラム. 讀賣新聞社 (2016年12月18日). 2019年4月5日閲覧。
  17. ^ “有賀さつきさん父 病院からの連絡で知る「まったく予想外でした」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年2月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/05/kiji/20180205s00041000222000c.html 2019年4月5日閲覧。 
  18. ^ “元テレ朝・佐々木正洋アナ フリー転身で大失敗 給料半分、次々病気に…”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2018年8月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/10/0011531402.shtml 2019年4月7日閲覧。 
  19. ^ 髙木美智子”. イヤホンガイド (2015年9月18日). 2017年7月6日閲覧。

アナウンサー番組[編集]

ニッポン放送

関連項目[編集]

アナウンサーユニット[編集]