フジテレビ木曜7時30分枠の連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フジテレビ木曜7時30分枠の連続ドラマ(フジテレビもくようしちじさんじっぷんわくのれんぞくドラマ)は、過去3期に渡ってフジテレビ系列の毎週木曜日19時30分 - 20時00分(JST)に放送されたテレビドラマの放送枠である。

なお中断中のアニメについては、

また1995年10月から1996年3月まで木曜日19時30分 - 20時54分の枠で放送された『木曜の怪談』については、

歴史[編集]

この枠は開局して間もなくドラマはスタート、当初は『変幻三日月丸』や『少年探偵団』といった児童向け作品を放送、後に『笑えば天国』といった公開コメディを放送してきたが、1967年6月29日終了の公開コメディ『なんでも110番』を最後に、ドラマは長期の中断となる。

それから17年半後、1985年1月10日開始の特撮コメディ『TVオバケてれもんじゃ』で再開、続く学園アクションドラマ『スケバン刑事』シリーズが空前の大ヒット、全部で3作製作され、主演を務めた斉藤由貴南野陽子浅香唯が人気スターとなった。

だが続く『少女コマンドーIZUMI』は『スケバン刑事』ほどヒットせず、4ヶ月で打ち切られ、かつて『月曜ドラマランド』で放送した『藤子不二雄の夢カメラ』を、つなぎ目的で連続ドラマにして2ヶ月放送し、ドラマは事実上終了した。そして『てれもんじゃ』以来関ってきた東映のスタッフは月曜19:30に移動し、『花のあすか組!』を開始する。

放送作品一覧[編集]

第1期[編集]

  • 変幻三日月丸(1959年3月5日 - 1960年2月4日)
  • 新説水戸黄門(1960年2月25日 - 8月25日)
  • 反逆児(1960年9月1日 - 10月27日) - 海外作品。
  • 少年探偵団(1960年11月3日 - 1963年9月26日)
  • 笑えば天国(1963年10月3日 - 1966年7月28日) - 水曜21:45から移動。
※ドラマ中断。この間はロート製薬一社提供番組『びっくりショー』を放送。

第2期[編集]

※ドラマ中断。この間はロート製薬一社提供番組『しろうと芸能大賞』『万国びっくりショー』、『スター千一夜』を始めとした帯番組、バラエティ番組『とびだせものまね大作戦』、アニメ『みゆき』、単発特別番組枠『木曜おもしろバラエティ』、クイズ番組『クイズのりもの講座』、アニメ『ふたり鷹』を放送。

第3期[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]

フジテレビ系列 木曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
フジテレビ
木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1959.3 - 1966.7)
びっくりショー
フジテレビ
木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1966.11 - 1967.6)
ふたり鷹
【ローカルセールス枠へ降格】
フジテレビ
木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1985.1 - 1988.3)
フジテレビ 木曜19:54 - 20:00枠
ふたり鷹
(19:30 - 20:00)
【同上】
フジテレビ
木曜7時30分枠の連続ドラマ
(1985.1 - 1988.3)
【ここまでネットセールス枠】
歴史を訪ねて
【ここから関東ローカル枠】