フジテレビ系列夕方ニュース枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フジテレビ系列夕方ニュース枠(フジテレビけいれつゆうがたニュースわく)とは、フジテレビをはじめとするFNN系列で、毎日夕方に放送されている報道番組の枠のことである。

放送枠の歴史[編集]

1959年のフジテレビ開局当初は共同テレビ制作のニュース番組を購入する形態をとっていた。その後共同テレビの報道制作機能はフジテレビに移管され、産経新聞社協力のニュース番組『サンケイホームニュース』となる。1966年には現在のFNNが発足し、番組タイトルも『FNNニュース』となる。

1978年にはローカルニュースをワイド化してきた他系列に対抗すべく夕方ニュース枠の大型化に着手。18時前半を全国向けニュース『FNNニュースレポート6:00』、後半を系列局別のローカルニュース枠とした。しかし、当時のFNNは制作力が未熟な新局も多かったことから、関東ローカルパートの『FNNニュースレポート6:30』でも飛び降りポイントを設け、部分ネットに対応していた。

1984年10月に、全国版ニュースとローカルニュースを統合した『FNNスーパータイム』がスタート。それまでのニュース番組にはなかった斬新な演出やわかりやすさ重視の構成が視聴者に受け入れられる。加えて17時台の若者向けバラエティ番組『夕やけニャンニャン』でも逸見政孝ら当時のキャスターが番組宣伝をするなどしたことが功を奏し、『JNNニュースコープ』(TBS)を引き離し視聴率トップに立つ。なお、『スーパータイム』開始当初は系列各局で番組名を差し替えて放送していたが、徐々にフジテレビに倣う番組名に変更されていく(例:東海テレビ『イブニングニュース600』→『FNN東海テレビスーパータイム』)。この『スーパータイム』がのちに『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』→『スーパーニュース』→『みんなのニュース』→『プライムニュース イブニング』→『Live News it!』とつながるフジテレビ夕方ニュース番組の基礎を築き上げた。

1997年4月にフジテレビが港区台場の現社屋に移転するとともに、『スーパータイム』は『FNNニュース555 ザ・ヒューマン』へ刷新する。しかし、それまでの親しみやすい路線から一転し硬派路線にしたことが仇となり1年で終了。翌年1998年4月に『スーパータイム』の路線を踏襲した『FNNスーパーニュース』となる。

2000年4月改編で平日午後のワイドショー番組一時終了を受け、『スーパーニュース』を17時開始の2時間番組に拡大する。当初17時台は関東地方など一部地域での放送だったが、現在はFNN系列局の大部分が17時台より同番組を放送している。

2015年4月改編で17年間続いた『スーパーニュース』に代わり『みんなのニュース』を開始する。さらに一部の地域では15時50分開始の3時間へ枠拡大(2016年9月まで)。また、この番組の開始と共に、再び独自タイトルを使用する系列局(富山テレビ・サガテレビなど)もある。視聴率低迷の影響もあり、2016年秋より2時間枠に復したが、視聴者から16時台の放送再開を望む声が寄せられている。

2018年4月改編で『みんなのニュース』はフジテレビ・BSフジ・(同年12月開局の)BSフジ4Kの報道ニュース番組の統一ブランドである『プライムニュース』に統一するに伴い『プライムニュース イブニング』を開始。しかし、それまでの路線から再び硬派路線にしたことや出演予定だったキャスターが開始前に降板したことなどが影響し、視聴率低迷は本番組開始後も続いた。

2019年4月改編で平日版について、『プライムニュース』は『Live News』ブランドにリニューアルするため、『Live News it!』を開始する。

土日版[編集]

1960年代前半より新聞の日曜夕刊が休刊されたことを受け、日曜日のみ『サンケイ新聞テレビ日曜夕刊』のタイトルで放送し、土曜日は平日版同様の編成をとっていた。

1975年10月に『FNNテレビ土曜夕刊』が開始され、現在の土日版夕方ニュースというフォーマットの原型ができる。

1980年4月に放送時間を30分に拡大し、『FNNニュースレポート5:30』となる。1985年4月には土曜版の放送時間が18時開始に繰り下がるとともに、番組タイトルやフォーマットを平日と同じ『FNNスーパータイム』に統一する。

2001年4月より番組タイトルが『FNNスーパーニュースWEEKEND』に改められ、平日版との差別化が図られる。

2015年4月改編にて平日版に倣い『FNN みんなのニュース Weekend』に番組名が変更され、テーマ曲やテロップなどの番組フォーマットも平日版と再び共通化される。

2018年4月改編で平日版に倣い『プライムニュース イブニング』に番組名が変更され、平日版及び週末版の番組タイトルが17年ぶりに共通化される。

2019年4月改編で平日版に倣い『Live News it!』に番組名が変更される。

年末年始[編集]

1998年度までは通常編成同様のタイトルで放送していたが、1999年4月に平日版『スーパーニュース』がリニューアルしたことで、土日版と番組フォーマットの相違が発生する。このため同年年末より両番組に代わり年末年始向けの『FNNニュース』が編成される。2010年は大晦日まで18時台に30分、正月3が日は15 - 16時台より15分の放送だった。2011年より年末編成も15分に短縮される。

主な番組[編集]

平日[編集]

週末[編集]

土曜日
  • 共同テレビニュース(1959年3月 - 不明)
  • フジテレニュース→サンケイホームニュース(不明 - 1966年9月)
  • FNNニュース(1966年10月 - 1970年10月3日)
  • FNNニュース6:30(1970年10月10日 - 1975年9月27日)
  • FNNテレビ土曜夕刊(1975年10月4日 - 1980年3月29日)
日曜日
土・日曜共通

番組の移り変わり[編集]

期間 平日 土曜日 日曜日
1959.3 1966.9 共同テレビニュース

フジテレニュース

サンケイホームニュース
共同・テレビ日曜夕刊

サンケイ新聞テレビ日曜夕刊
1966.10 1970.10.4 FNNニュース FNNテレビ日曜夕刊
1970.10.5 1975.9.28 FNNニュース6:30
1975.9.29 1978.10.1 FNNニュース6:30 FNNテレビ土曜夕刊
1978.10.2 1980.3.30 FNNニュースレポート6:00
1980.3.31 1984.9.30 FNNニュースレポート5:30
1984.10.1 1985.3.31 FNNスーパータイム
1985.4.1 1997.3.30 FNNスーパータイム
1997.3.31 1998.3.29 FNNニュース555 ザ・ヒューマン FNNニュース ザ・ヒューマン
1998.3.30 2001.4.1 FNNスーパーニュース
2001.4.2 2015.3.29 FNNスーパーニュース FNNスーパーニュースWEEKEND
2015.3.30 2018.4.1 みんなのニュース FNNみんなのニュース Weekend
2018.4.2 2019.3.31 プライムニュース イブニング
2019.4.1 現在 Live News it!

クロスネット局でのネット状況[編集]

●は現FNNフルネット局。平日の『FNNニュース6:30』以前のネット状況は不明。

放送局 放送対象地域 ネット状況
宮城県 仙台放送(OX) FNN番組をネット
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 山形テレビ(YTS) 1993年3月31日のFNN脱退までFNN番組をネット
福島県 福島中央テレビ(FCT) 1971年10月1日のネットチェンジ前日までFNN番組をネット
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 月 - 土曜日はFNN番組をネット
日曜日は1975年3月から1983年9月30日のANN脱退までANN番組をネット
鳥取県→鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT) 1972年9月22日の相互乗り入れ前日までNNN番組をネット
岡山県岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 1979年4月1日の相互乗り入れ前日までANN番組をネット
広島県 広島テレビ(HTV) 1975年9月30日のFNN脱退までFNN番組をネット
長崎県 テレビ長崎(KTN) FNN番組をネット
熊本県 テレビくまもと(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) 月 - 土曜日 : 1982年9月30日のANN脱退までANN番組、
ANN脱退後の1982年10月1日から1985年3月30日までNNN番組をネット。
日曜日 : 1982年9月26日(ANN脱退前の最後の日曜日の放送)までANN番組とNNN番組、
1982年10月3日(ANN脱退後の最初の日曜日の放送)から1985年3月31日までNNN番組をネット。
1985年4月1日から全曜日FNN番組をネット
備考
  • 北海道文化放送以前のネット局である札幌テレビではFNSのみ加盟の関係でFNN番組は放送されなかった。
  • 福島テレビテレビ山口(TYS→tys)はJNN排他協定によりFNNに加盟できず、FNSのみの加盟だったため、JNN番組を編成していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加藤綾子が夕方ニュース メーンキャスター! とれたてフジテレビ 2019年2月5日発行、同日閲覧。

関連項目[編集]