フジノスラッガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内 検索
フジノスラッガー
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1990年5月4日
リアルシャダイ
ラブアストーリー
生国 日本の旗 日本北海道
生産 荻伏牧場
馬主 中村寛俊
調教師 和田正道美浦
競走成績
生涯成績 平地9戦1勝
障害9戦3勝
獲得賞金 1億1730万7000円
テンプレートを表示

フジノスラッガー日本競走馬である。1995年中山大障害(秋)に優勝した。

競走馬としてのデビューは遅く、1993年8月7日の4歳未勝利戦。ここは8着と敗れるが、2戦目で初勝利を挙げる。しかしその後は芝の中長距離の競走に出走するも好成績を残すことは出来ずに1994年7月より障害競走へ転向する。すると初戦は8番人気の低評価を覆して勝利を収めると、昇級後も安定した成績を収め4戦目で400万下競走で2勝目を挙げると中1週で中山大障害(秋)に挑むことになった。

1994年の中山大障害(秋)は3連覇を目指すブロードマインドと5連勝で前走京都大障害(秋)を制したタイヤンの2強体制と見られたが、レースではそのタイヤンが大生垣で落馬競走中止。後方を進んでいたフジノスラッガーは最終障害を過ぎて逃げるブロードマインドを交わしたが、ゴール手前で最低人気のローズムーンに差され2着に終わった。

翌1995年は長期休養後11月19日の障害オープン競走で復帰。ここを5着として中山大障害(秋)に向かった。同年のこのレースはブロードマインド、そして春に快進撃を続けたリターンエース、春の大障害勝ち馬ダイカツストーム、東京障害特別(秋)、京都大障害(秋)を連勝したグレートリーフを全て故障で欠いたため、6頭立て、重賞勝ち馬なしという状況であり、前年の2着馬であるフジノスラッガーが1番人気に支持された。レースでは前半の難関、大竹柵でポレール、メジロシャガール、オキノリュウジンの3頭が落馬。後方にいたフジノスラッガーもバランスを崩しかけたが踏み止まり、この時点で3頭立ての競走となる。3番手となっていたフジノスラッガーは大生垣でメジャーウィナー、最終の3コーナーでジハードウインをかわすと後は独走。2着のメジャーウィナーに2.2秒の差をつけて優勝した。

1996年は中山大障害(春)に直行したが、中段に位置するもズルズルと後退、最終障害手前で故障により競走中止した。レース後、左前浅屈腱断裂と診断され、これが現役最後の競走となった。現在は長野県軽井沢町の乗馬クラブで乗用馬として飼育されており、高齢なるも全般的には健康(昨秋には練馬区民大会に出場し、入賞もしている)である。中山グランドジャンプの後輩のビッグテーストに懐かれている。

血統表[編集]

フジノスラッガー血統ロベルト系Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)

*リアルシャダイ
Real Shadai
1979 黒鹿毛
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Desert Vixen
1970 黒鹿毛
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Deset Trial Moslem Chief
Scotch Verdict

*ラブアストーリー
Love a Story
1982 鹿毛
Alleged
1974 鹿毛
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavy Navy
Princess Pout Prince John
Determined Lady
Confess
1969 鹿毛
Cornish Prince Bold Ruler
Teleran
Won't Tell You Crafty Admiral
Scarlet Ribbon F-No.23-b
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典