フットワーク・FA15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フットワーク・FA15
シルバーストンを走行するFA15、2008年撮影
シルバーストンを走行するFA15、2008年撮影
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗 フットワーク
デザイナー イギリスの旗 アラン・ジェンキンス
先代 フットワーク・FA14
後継 フットワーク・FA16
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
エンジン フォード コスワース HBE 7/8, 3.5リッター V8 (75°), 700馬力 NA,
トランスミッション アロウズ / Xtrac製, 6速 セミAT, 横置き
重量 515サスペンション(後)
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム フットワーク・フォード
ドライバー ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ
イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
初戦 ブラジルの旗 1994年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

フットワーク・FA15は、フットワーク1994年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。デザイナーはアラン・ジェンキンス。9番車はクリスチャン・フィッティパルディ、10番車はジャンニ・モルビデリがドライブした。

概要[編集]

この年、経営不振のフットワークインターナショナルがオーナーシップを返還。コンストラクター名はフットワークのままだが、マシンから同社のカラーリングとブランドロゴがはずされ、チームはメインスポンサーを持たなかった。

FA15は前年までの無限ホンダエンジンに変えてフォードHBエンジンのシリーズ7、8を搭載した。シーズン序盤は競争力を発揮し、モルビデリはブラジルGPで予選6番手となった。フィッティパルディはパシフィックGPで4位に入り、モナコGPでは予選6位、決勝で5位を走行したものの、ギアボックスのトラブルでリタイアした。

安全面のレギュレーション変更への対応に追われる中でも、チームはそこそこのパフォーマンスを維持していた。モルビデリはカナダで順調に走行した一方、フィッティパルディは6位で完走したものの、レース後の車検で重量不足であったため失格となった。ドイツではフィッティパルディが4位、モルビデリが5位と2台とも入賞した。モルビデリはベルギーでもポイントを獲得し、ヨーロッパGPでは予選8番手となった。

モルビデリは結局シーズンを通しての完走は4度、フィッティパルディはコンスタントに完走したものの、ポイント圏外がほとんどであり、チームのシーズン獲得ポイントは9、コントラクターズランキングは9位でシーズンを終えた。フィッティパルディはシーズン終了後にF1を引退、CARTに活動のフィールドを移す。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1994年 フットワーク・フォード FA15 フォード コスワース
HBE 7/8
V8, 3.5
G BRA
ブラジルの旗
PAC
太平洋共同体の旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
欧州連合の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
9 9位
9 ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ Ret 4 13 Ret Ret DSQ 8 9 4 14 Ret Ret 8 17 8 8
10 イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret 6 Ret 9 11 Ret Ret

参照[編集]