フッ化マンガン(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フッ化マンガン(II)
識別情報
CAS登録番号 7782-64-1 チェック
PubChem 24528
ChemSpider 22935
RTECS番号 OP0875000
特性
化学式 MnF2
モル質量 92.934855 g/mol
外観 淡いピンク色の結晶
密度 3.98 g/cm3
融点

856 °C, 1129 K, 1573 °F

沸点

1820 °C, 2093 K, 3308 °F

危険性
EU Index Not listed
Rフレーズ R20/21/22, R36/37/38
Sフレーズ S26, S37/39[1]
引火点 non-flammable
関連する物質
その他の陰イオン 塩化マンガン(II)
臭化マンガン(II)
ヨウ化マンガン(II)
その他の陽イオン フッ化タングステン(VI)
フッ化レニウム(VI)
フッ化マンガン(III)
フッ化マンガン(VI)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化マンガン(II)(Manganese(II) fluoride)は、マンガンフッ素から構成される化学式MnF2で表される化合物である。明るいピンク色の結晶性固体で、この色はマンガン(II)化合物の特徴的な色である。マンガンやマンガン(II)を含む広範な化合物をフッ化水素酸で処理することにより得られる。特殊なガラスレーザーを作るのに用いられる[2]

出典[編集]

  1. ^ 339288 Manganese(II) fluoride 98%”. Sigma-Aldrich. 2008年6月18日閲覧。
  2. ^ Ayres, D. C.; Hellier, Desmond (1997). Dictionary of Environmentally Important Chemicals. CRC Press. pp. 195. ISBN 0-7514-0256-7. http://books.google.com/?id=UTKWehimCkEC&pg=PA195&dq=%22Manganese(II)+fluoride+%22 2008年6月18日閲覧。