フフホト白塔国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フフホト白塔国際空港
Hohhot Baita International Airport
Hohhot Airport.jpg
IATA: HET - ICAO: ZBHH
概要
国・地域 中華人民共和国の旗 中国
所在地 フフホト市賽罕区
種類 民間
運営者 中国民航局
標高 1084 m (3556 ft)
座標 北緯40度51分20秒 東経111度49分30秒 / 北緯40.85556度 東経111.82500度 / 40.85556; 111.82500座標: 北緯40度51分20秒 東経111度49分30秒 / 北緯40.85556度 東経111.82500度 / 40.85556; 111.82500
地図
中華人民共和国国内での空港位置
中華人民共和国国内での空港位置
HET
中華人民共和国国内での空港位置
中華人民共和国国内での空港位置
HET
中華人民共和国国内での空港位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
08/26 3,600×45 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
フフホト白塔国際空港
各種表記
繁体字 呼和浩特白塔国際機場
簡体字 呼和浩特白塔国际机场
拼音 hū hé hào tè bái tǎ guó jì jī chǎng
発音: フーヘルハウテル バイター ジーチャン
英文 Hohhot Baita International Airport
テンプレートを表示

フフホト白塔国際空港(ふふほとはくとうこくさいくうこう)は中華人民共和国フフホト市賽罕区に位置する国際空港中国国際航空が同空港を焦点空港としている。

概要[編集]

フフホト白塔国際空港は 中華人民共和国内モンゴル自治区フフホト市に位置する。空港の名称の中の“白塔”は近くにある中華人民共和国全国重点文物保護単位の万部華厳経塔(zh)の白い塔が命名の由来になっている。フフホト白塔国際空港はフフホト市東側の14.3キロメートルの所に位置し、1958年10月1日に完成した。1991年12月1日に国務院から空港として承認され、1992年3月31日正式な対外開放された。この空港はかつて1986年1996年2007年の3度にわたり大規模な拡張が行なわれた。これまで日本への定期便はなかったが、2015年6月から春秋航空による名古屋/中部国際空港線が運航されている。

拡張工事[編集]

2005年5月、同空港は大規模な拡張工事を竣工し、2007年6月に完成。空港ターミナル地区に新たに面積54,499平方メートルのターミナルビルが建設され、1年に出入りする延べ300万人の旅客の要求を満たすことができるようになった。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社就航地
中華人民共和国の旗 中国国際航空北京/首都上海/虹橋青島済南杭州成都広州廈門ハイラル、通遼、赤峰
中華人民共和国の旗 中国東方航空上海/虹橋上海/浦東杭州南京煙台石家荘西安ハイラル
中華人民共和国の旗 中国南方航空北京/首都大連瀋陽銀川ウルムチ太原鄭州武漢広州深圳昆明ハイラル満州里
中華人民共和国の旗 海南航空北京/首都天津大連煙台西安武漢長沙深圳海口、赤峰、シリンホトウランホト、通遼、鳥海、満州里
中華人民共和国の旗 天津航空天津大連煙台西安武漢、赤峰、シリンホトウランホト、通遼、満州里バヤンノールエレンホト
中華人民共和国の旗 北京首都航空北京/首都ウルムチ
中華人民共和国の旗 上海航空北京/首都上海/虹橋
中華人民共和国の旗 中国聯合航空北京/南苑
中華人民共和国の旗 深圳航空深圳広州南京武漢長沙鄭州太原包頭済南ハイラル
中華人民共和国の旗 鯤鵬航空鄭州
中華人民共和国の旗 四川航空鄭州成都昆明
中華人民共和国の旗 厦門航空廈門杭州長沙鄭州済南
中華人民共和国の旗 山東航空天津青島済南廈門
中華人民共和国の旗 吉祥航空上海/浦東
中華人民共和国の旗 華夏航空エレンホト満州里

国際線[編集]

航空会社就航地
中華人民共和国の旗 春秋航空名古屋/中部石家荘経由)
香港の旗 香港航空香港[1]
中華民国の旗 ファーイースタン航空台中
中華民国の旗 エバー航空台北-桃園[2]
モンゴル国の旗 アエロ・モンゴリアウランバートル

アクセス[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 香港航空、香港/フフホト線に就航
  2. ^ エバー航空、6月から台北発着の中国本土3路線を開設へ