フュマージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヴォルフガング・パーレン『禁じられた国』(1936年 - 1937年)

フュマージュFumage)とは、紙やカンバスにろうそく石油ランプで絵を描くシュルレアリスムの技法である[1]ヴォルフガング・パーレンによって広まった。

歴史[編集]

1936年、パーレンは最初のフュマージュ作品『Dictated by a Candle』をロンドンで開かれた国際シュルレアリスム展覧会に出品する。同年、パーレンはフマージュの油彩画『禁じられた国』を描く(翌年に完成)。それを受けて他のシュルレアリスム画家、ロベルト・マッタ、さらにはサルバドール・ダリもフューマジュを使いはじめる。ダリはこの技法を「スフマート」と呼んだ[2]。この技法を用いた画家には、アルベルト・ブッリブーハン・チャヒト・ドーアンチャイジリ・ゲオルグ・ドコピル英語版、イアン・ヒューゴ[3]イヴ・クラインオットー・ピエネ英語版などがいる。

映画に描かれたフュマージュ[編集]

アナイス・ニンの小説を映画化した映画『ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女』(1990年)で、アナイスの夫ギラー(イアン・ヒューゴ)がフュマージュを使っている場面が出てくる[4]

研究[編集]

画家・著者・教育者のメアリー・フラナガンはフュマージュと紅茶占い(茶葉占い)、ロールシャッハ・テストを比較した[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Barnitz, Jacqueline (2001). Twentieth-Century Art of Latin America. University of Texas Press. pp. 116. ISBN 0292708580. https://books.google.com/books?id=9WhsUW7jkc0C&pg=PT141&dq=Fumage+Paalen&hl=en&sa=X&ei=Ti23UMm0L4eG0QG-0IHwCw&ved=0CDAQ6AEwAQ 
  2. ^ Aspley, Keith (2010). Historical Dictionary of Surrealism. Scarecrow Press. pp. 209–210. ISBN 0810858479. https://books.google.com/books?id=3KK7JHqNrRsC&pg=PA209&dq=Fumage+Dali&hl=en&sa=X&ei=0i23UKO0H6KT0QGbkoG4Cw&ved=0CDwQ6AEwAw#v=onepage&q=Fumage%20Dali&f=false 
  3. ^ イアン・ヒューゴことヒュー・パーカー・ギラー(1988年 - 1985年)彫刻師、映画監督。アナイス・ニンの夫。en:Ian Hugo
  4. ^ Herron, Paul (1996). Anaïs Nin: a book of mirrors. Sky Blue Press. pp. 49. ISBN 0965236404. https://books.google.com/books?id=tLqwAAAAIAAJ&q=Guiler+Fumage&dq=Guiler+Fumage&hl=en&sa=X&ei=eS63UL7OFYjr0gGA1oHQAQ&ved=0CDAQ6AEwAQ 
  5. ^ Flanagan, Mary (2009). Critical Play: Radical Game Design. The MIT Press. pp. 158. ISBN 0262062682. https://books.google.com/books?id=-VXH43WH5Z4C&pg=PA158&dq=%22Fumage%22+art&hl=en&sa=X&ei=vC-3UPKrA4jX0QHssIGIBw&ved=0CEUQ6AEwCA#v=onepage&q=%22Fumage%22%20&f=false