フューチャー・ベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フューチャー・ベース
様式的起源 ダブステップ
EDM・トラップ (英語版)
フットワーク
EDM
文化的起源 2010年代 オーストラリア、イギリス、アメリカ合衆国
使用楽器 DAW, Synthesizer, keyboards, sampler, sequencer
サブジャンル
Kawaii future bass
関連項目
フューチャー・ハウス(英語版), フューチャー・ガラージ(英語版)

フューチャー・ベース(Future Bass) は2010年代に生まれたエレクトロニック・ダンス・ミュージックのジャンルの一つ。

ダブステップトラップの恍惚としたドロップ(英語版)をともなうが、ガタガタとした荒っぽいサウンドではなく、暖かみのある跳ねるようなサウンドである。ベースライン(英語版)はゴロゴロしたサウンドではなく、ハーッシュでデチューンしたシンセサイザーを用いる。」のが特徴である。[1] Flume, Lido, San Holo(英語版), Cashmere Cat(英語版)等[2][3] がこのジャンルの先駆者で、2010年代中期から後期にIllenium, Louis the Child(英語版), Mura Masa(英語版)等によってポピュラーになった。[4] 2016年はこのジャンルがブレイクした年であると考えられている。[5][6][7]

歴史[編集]

特徴[編集]

"フラフラとした(wobbly)"エフェクトを楽曲に与えるために、オートメーションやLFOで、フィルターのカットオフ周波数や波形の振幅をコントロールする。また一般的に、アルペジオ、切り刻んだボーカル(ボーカル・チョップ<vocal chops>)、ヴォコーダーを用い、ドロップ(英語版)前のビルドアップ(buildups)と呼ばれるパートでは"キラキラとした(twinkly)"ピッチの段階的な上昇音であるライザー(risers)を用いる。[1]

サブジャンル[編集]

Kawaii future bass[編集]

カワイイ・フューチャー・ベース
様式的起源 フューチャー・ベース
チップチューン
文化的起源 2010年代前半 日本
関連項目
ビットポップ(英語版), ナードコア, ニンテンドーコア

カワイイ・フューチャー・ベースkawaii future bass、もしくは単にkawaii bass)はFuture bassのサブジャンルであり、ハッピーでキュート(kawaii)な音色と、日本のポップカルチャーの色濃い影響がその特徴である。しばしばチップチューンサウンドや柔らかな矩形波アニメビデオゲームからのサンプリング、打楽器、そしてドアやベッドの軋み音などが組み込まれる。Snail's Houseは2015年にアルバム『Kirara EP』をリリースしたことにより、このジャンルの先駆者として挙げられている[8]

主なアーティスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Turner, David (2017年2月14日). “Future Bass: Get Familiar With EDM's Sound of 2017”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/features/future-bass-get-familiar-with-edms-sound-of-2017-w466963 2017年4月29日閲覧。 
  2. ^ Best Future Bass Songs of 2016”. Run The Trap: The Best EDM, Hip Hop & Trap Music (2016年12月23日). 2017年4月29日閲覧。
  3. ^ Lucas (2016年2月29日). “Flume Unleashes Spectacular New Mix & We Just Can't Stop Listening”. Your EDM. 2017年6月5日閲覧。
  4. ^ Make Future Bass Music Like Flume With Singular Sounds' Sample Pack – thissongslaps.com – Electronic Dance Music & Hip-Hop Media” (英語). www.thissongslaps.com. 2017年6月5日閲覧。
  5. ^ “The 10 Best Future Bass Tracks of 2016” (英語). Magnetic Magazine. https://www.magneticmag.com/2017/01/the-10-best-future-bass-tracks-of-2016/ 2017年6月5日閲覧。 
  6. ^ Andy Hermann (2017年8月30日). “10 Great Future Bass Tracks for People Who Don't Know Shit About Future Bass” (英語). LA Weekly. 2019年9月21日閲覧。
  7. ^ Richardson, Annie. “Why Future Bass is The Future of Bass Music” (英語). Relentless Beats. 2019年9月21日閲覧。
  8. ^ Future Bass Music Gets a Kawaii Makeover”. Anime News Network. 2018年10月30日閲覧。