フョードル・グリゴリエヴィチ・オルロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フョードル・グリゴリエヴィチ・オルロフ伯爵、カール・ルートヴィヒ・クリスティネック英語版作、1768年。

フョードル・グリゴリエヴィチ・オルロフ伯爵(ロシア語: Фёдор Григо́рьевич Орло́в1741年2月19日 - 1796年5月28日グレゴリオ暦))は、ロシア帝国の軍人。オルロフ家出身。

生涯[編集]

ノヴゴロド総督グリゴリー・イヴァノヴィチ・オルロフロシア語版の息子として生まれ、七年戦争に参戦して頭角を現した[1]。兄のグリゴリー・グリゴリエヴィチ・オルロフアレクセイ・グリゴリエヴィチ・オルロフとともに皇帝ピョートル3世を廃位して殺害した1762年の宮廷クーデターロシア語版に関与したことで元老院英語版主検察官英語版に任命された[1]。1768年から1774年までの露土戦争ではグリゴリー・スピリドフ英語版提督の部下として参戦、1770年のチェシュメの海戦英語版でオスマン艦隊の戦列を突破した[1]。このことを記念して、ツァールスコエ・セローチェシュメの柱英語版が建てられた[1]。1775年に引退、1796年に死去した[1]

家族[編集]

生涯未婚であったが、5人の庶子があり、女帝エカチェリーナ2世は彼らを貴族に叙し、嫡出と認めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Wikisource-logo.svg Bain, Robert Nisbet (1911). "Orlov s. v. Theodore Grigorievich Orlov, Count" . In Chisholm, Hugh. Encyclopædia Britannica (in 英語). 20 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 293.