フョードル・トレポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フョードル・トレポフ

フョードル・フョードロヴィッチ・トレポフФедор Федорович ТреповFyodor Fyodorovich Trepov1812年 - 1889年)は、帝政ロシア軍人官僚政治家

1831年ポーランド反乱の鎮圧から軍歴を開始する。キエフ憲兵騎兵司令官を経て、1863年から1864年にかけておきたポーランドの反乱の鎮圧ぶりで有名になった。1866年ドミトリー・カラコーゾフによる皇帝アレクサンドル2世暗殺未遂事件(カラコーゾフ事件)後、ペテルブルク警視庁長官に任命された。トレポフは、ペテルブルクの治安維持と政治犯の逮捕に辣腕を振るった。1867年警視副総監を経て、1873年ペテルブルク特別市長官(市長)に任命される。1877年7月監獄を視察中、政治犯のアレクセイ・ボゴリューボフに対して、自分に対して脱帽を拒否したことに対して、報復として鞭刑とした。1878年この事件に憤激したヴェーラ・ザスーリチによって狙撃され負傷する。暗殺未遂事件後、騎兵大将に列せられ、引退した。

長男フョードル・フョードロヴィッチ・トレポフ(同姓同名)は、軍人で日露戦争では衛生部隊司令官を務めた。二男ウラジーミル・トレポフは、国家評議会議員。三男ドミトリー・トレポフは宮廷警備司令官で皇帝ニコライ2世の相談役として権勢を振るった官僚政治家。末子アレクサンドル・トレポフは、帝政末期、首相を務めた。