フライパンの唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライパンの唄
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1975年10月7日 - 1976年3月30日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 脇田時三、橋本信也、本多勝也
脚本 楠田芳子
プロデューサー 武敬子
出演者 進藤英太郎加藤治子和田アキ子柴俊夫中田喜子山岡久乃愛川欽也 ほか
オープニング 古谷野とも子『風は東から』
テンプレートを表示

フライパンの唄』(フライパンのうた)は、1975年10月7日から1976年3月30日までTBS系列で放映されていたテレビドラマ。放送時間は毎週火曜日21:00 - 21:55。全26話。

概要[編集]

舞台の中心は東京神田にある、明治大正昭和と続く古い和風洋食店「辰村」。主人の富之助は調理場の陣頭を指揮し、店の方は千加子が仕切っている。この辰村に、神戸から今井珠子という女性が訪れて来たが、富之助はこの珠子の来訪に慌て出した。実は珠子は、富之助が神戸に行っていた時にもうけた隠し子だった…。そして珠子は、辰村のコック見習いとして働き出す。人々がそれぞれ過去を背負いながら、時には懸命に、時にはユーモラスに生きていくその様子などを描いたドラマ[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版
TBS火曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
フライパンの唄