フライングライナー号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フライングライナー号(東北急行バス)
フライングライナー号(東北急行バス)
フライングライナー号(近鉄バス)
フライングライナー号(近鉄バス)
フライングスニーカー号(近鉄バス)
フライングスニーカー号(近鉄バス)

フライングライナー号(フラングライナーごう)は、東京都江東区大阪府大阪市を結ぶ夜行高速バスである。

この項目では姉妹路線のフライングスニーカー大阪号及び廃止路線のフライングスニーカー京都・茨木号についても一括して説明する。

全席指定制なので、あらかじめ乗車券を購入しなければならない。

運行会社[編集]

「フライングスニーカー京都・茨木号」(廃止)は東北急行バスの単独運行で、近鉄バスは大阪側での予約・発券・運行支援のみ行っていた。

乗務体制[編集]

  • 「フライングライナー号」は2名乗務。
  • 「フライングスニーカー大阪号」は、東北急行バスは2名乗務(2014年4月2日東京発の運行より。それ以前は途中仮眠休憩を挟みワンマン運行)。近鉄バスは、「フライングスニーカー大阪号」と「フライングライナー号」の車両2台に対して3名の乗務員を配置し、2車3人体制での運行。「フライングスニーカー京都・茨木号」(廃止)はワンマン運行であった。

運行経路および停車停留所[編集]

現行路線[編集]

フライングライナー号[編集]

東北急行バス東京営業所 - 東京ディズニーランド - 東京駅八重洲通り(※1) - (昭和通り) - (京橋ランプ) - (首都高速道路) - (横浜駅西口ランプ) - 横浜駅西口(※2) - (新横浜通り) - (横浜新道) - (保土ヶ谷バイパス) - (東名高速道路) - (名神高速道路) - (京都東IC) - 京都駅八条口 - (京都南IC) - (名神高速道路) - (豊中IC) - (阪神高速道路) - 大阪駅前(地下鉄東梅田(※3) - なんばOCATビル - あべの橋駅天王寺駅

フライングスニーカー大阪号[編集]

東北急行バス東京営業所 - 東京ディズニーランド - 浅草駅前 - 上野駅前 - 東京駅八重洲通り(※1) - (霞が関ランプ) - (首都高速道路) - (東名高速道路) - (新名神高速道路) - (名神高速道路) - (京都東IC) - 京都駅八条口 - (京都南IC) - (名神高速道路) - (豊中IC) - (阪神高速道路) - 大阪駅前(地下鉄東梅田)(※3) - なんばOCATビルあべの橋駅(天王寺駅)

※1 東京駅八重洲通り:東京駅八重洲口から徒歩3分の八重洲通り沿い(セブン-イレブン日本橋三丁目店前)にあり、東京駅八重洲南口乗り場ではない。
※2 横浜駅西口:西口第2のりば(東京建物横浜ビル前)
※3 大阪駅前:近鉄バス梅田バス停と同一。

(途中休憩)[編集]

  • 「フライングライナー号」・「フライングスニーカー大阪号」共に開放休憩1回。運行表での規定休憩場所は海老名SA(大阪行)・土山SA(東京行)、道路及び運行状況により変更あり。他停車は乗務員交代のみ。

廃止路線[編集]

フライングスニーカー京都・茨木号[編集]

東北急行バス東京営業所 - 東京駅八重洲通り - (霞が関ランプ) - (首都高速道路) - (東名高速道路) - (名神高速道路) - (京都東IC) - 京都駅八条口 - (京都南IC) - (名神高速道路) - (茨木IC) - JR茨木駅 - 阪急茨木市駅 - 大日駅

※2011年12月31日廃止。

沿革[編集]

  • 2003年平成15年)12月18日 - 東京営業所〜大阪あべの橋間に「フライングライナー号」運行開始。東北急行バス・近鉄バスの共同運行。
  • 2004年(平成16年)3月5日 - 格安便「フライングスニーカー号」運行開始。
  • 2005年(平成17年)3月20日 - 「フライングライナー号」京都経由に変更。第二の格安便「フライングスニーカー京都・茨木号」運行開始。格安便の大阪系統は「フライングスニーカー大阪号」に改称。
  • 2006年(平成18年)8月2日 - 「フライングライナー号」大阪側は藤井寺駅まで延長、東京側は新木場駅経由に変更。
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 6月2日 - 「フライングスニーカー京都・茨木号」を金土日のみの運行、全便を東北急行バスのみの担当に変更。
    • 7月10日 - 「フライングスニーカー京都・茨木号」を毎日運行に戻し、あわせて所要時間を短縮。
    • 10月1日 - 運行経路を伊勢湾岸自動車道・新名神高速道路に変更し、所要時間を短縮。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月21日 - 東日本大震災により「フライングスニーカー京都・茨木号」を当面運休。
    • 8月1日 - 「フライングスニーカー大阪号」を京都駅経由に変更。「フライングライナー号」も時刻を変更。
    • 12月20日 - 「フライングライナー号」上野、浅草方面へ延伸し、「上野駅前」・「浅草駅前」両停留所を新設。
    • 12月31日 - 休止していた「フライングスニーカー京都・茨木号」を廃止。
  • 2016年(平成28年)12月1日 - 「フライングスニーカー大阪号」の東京発便をユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ延長。大阪発便の乗車扱いはなし[1]
  • 2017年(平成29年)7月14日 - 「フライングライナー号」「フライングスニーカー号」東京ディズニーランドへ乗り入れ開始。「浅草駅前」「上野駅前」停車を「フライングスニーカー号」に持ち替え。「フライングライナー号」の藤井寺駅乗り入れ、フライングスニーカー号のユニバーサル・スタジオ・ジャパン乗り入れを廃止。[2]
  • 2019年令和元年)6月21日 - 運賃改定[3]

車両[編集]

両社とも日野・セレガを使用する。なお、近鉄バスは一時期2階建てバス三菱ふそう・エアロキング)を使用した。

設備[編集]

  • フライングライナー号
    • 独立3列シート、トイレ、飲み物、スリッパ・通路仕切りカーテン(近鉄のみ)、毛布を用意
  • フライングスニーカー大阪号、フライングスニーカー京都・茨木号(廃止)
    • 2人掛け4列シート、トイレと毛布、飲み物(東北急行のみ)

脚注[編集]

  1. ^ 近鉄バス (2016年11月7日). “【平成28年12月1日~】フライングスニーカー(京都・大阪⇔東京駅)東京出発便が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に乗り入れ開始!”. 2016年12月23日閲覧。
  2. ^ 近鉄バス (2017年7月7日). “【平成29年7月14日~】高速バス大阪・京都~東京線を東京ディズニーランドまで延伸します”. 2017年8月7日閲覧。
  3. ^ 運賃改定についてのお知らせ”. 東北急行バス (2019年5月17日). 2019年6月29日閲覧。