フラット八戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フラット八戸
FLAT HACHINOHE
施設情報
愛称 フラットアリーナ
正式名称 フラット八戸
用途 スポーツ(アイスホッケー・バスケットボールなど)やコンサートをメインとした多目的アリーナ
収容人数 約3,500人(アイスホッケー)
約5,000人(バスケットボール)
設計者 戸田建設
施工 戸田建設
建築主 クロススポーツマーケティング
管理運営 クロススポーツマーケティング
構造形式 鉄骨造・RC造
敷地面積 約15,000m²
建築面積 約5,150m²
延床面積 約7,200m²
階数 地上2階建て
高さ 約17m
着工 2018年
竣工 2020年4月
所在地 039-1101
青森県八戸市尻内町字三条目7-7
位置 北緯40度30分41.4秒 東経141度25分40.4秒 / 北緯40.511500度 東経141.427889度 / 40.511500; 141.427889座標: 北緯40度30分41.4秒 東経141度25分40.4秒 / 北緯40.511500度 東経141.427889度 / 40.511500; 141.427889
テンプレートを表示

FLAT HACHINOHE(フラットはちのへ、英:FLAT HACHINOHE)は青森県八戸市尻内町八戸駅西地区に建設された総合スポーツエリアである。

このページではメイン施設となる多目的アリーナ「フラットアリーナ」を紹介する。

概要[編集]

敷地は八戸駅西口の前にあり、八戸市が1997年から進めてきた土地区画整理事業のエリア内にあり、約1万5000㎡にのぼる。この土地は都市計画上、広域から集客する核施設の整備が求められていたが、長年にわたって具体化することはなく事業推進上の課題となっていた。その後、スポーツ用品量販店のゼビオの子会社である、クロススポーツマーケティングが市と共に多目的アリーナをメインとした、総合スポーツエリアを建設する事が決定した[1]

ゼビオが建設・運営する多目的アリーナは宮城県仙台市太白区にあるゼビオアリーナ仙台に次ぐ2つ目である。

エリアの名称であるフラット氷都八戸を愛する人全てが立場を超え分け隔てなく自由に集まるフラットな場という意味から名付けた[2]。今後はネーミングライツ(施設命名権)の導入も検討する予定。

事業スキームは市があらかじめ約8億円で購入していた区画整理事業の保留地を同社に無償で貸し付ける。建築と施設運営は同社が担う。完成後は市は2020年度から30年間にわたり年間1億円(消費税別)の利用料を支払うことにより、年2500時間の利用枠を得る。

施設は多目的アリーナのフラットアリーナ、屋外共用スペースのフラットスペース、エントランス部分のフラットクロス、周辺の学校や居住空間と繋がるフラットパークの4つである。公園は八戸市が整備する。

メイン施設となるフラットアリーナはアイスホッケーをメインとした、日本初の通年型アイスアリーナを基本にバスケットボールなどのスポーツやコンサートやイベントなどに使われる。フロアへの転換はアリーナの氷を溶かすことなく、アイスリンクの上に床材を敷くことで、数時間で設営できる。

完成後はゼビオが経営するアイスホッケーチーム東北フリーブレイズのメインアリーナやBリーグ青森ワッツなどが利用する予定。

2020年4月7日、一般営業開始[3]

施設概要[編集]

  • フラットアリーナ
    • 収容人数:約3,500人(アイスホッケー)、約5,000人(バスケットボール)

周辺[編集]

八戸駅西口

八戸駅東口

脚注[編集]

関連項目[編集]

関連施設[編集]