フラノ (いぬかみっ!)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いぬかみっ! > いぬかみっ!の登場人物 > フラノ (いぬかみっ!)
フラノ
性別 女性
身長 159cm
スリーサイズ B86 W60 H85
基礎霊力 430漬け物石
好きな下着 カラフルなフリル
趣味 人を勝手に占うこと
誕生日 12月24日
年齢 不明(100歳以上)
序列 7位
指輪 右手人差し指
担当声優 廣田詩夢

フラノは、ライトノベル漫画アニメ作品『いぬかみっ!』に登場する架空の人物である。

人物[編集]

血液型はA型。川平薫の犬神。自称「18禁きゃら」(後に作者の語録内の言葉によって本当に唯一の「18禁」である事が判明)。星の描かれた巫女装束がデフォルトで、薫の犬神の中では西洋人っぽい容姿である。根は真面目だが天然で、楽しそうなことには何にでも首を突っ込んでケラケラと笑う賑やかな性格。羞恥の基準が他人とかけ離れており、はしたない姿を晒しては場をかき乱すという、てんそう共々コミュニケーション不全な「不思議キャラ」でもある。一人称は、原作では「フラノ」、アニメ版では「フラノちゃん」であり、他の犬神のことはちゃん付けで呼ぶ。

未来視と鏡を使った千里眼の能力を持ち、特に未来視による占いは100%の的中率を誇る。ごきょうや、てんそうと仲が良く、特にてんそうは格好のいじり相手。薫以前にも何人かの主人に仕えていた事がある。

料理に関してはパキスタンベトナムエチオピアなどかなりマイナーな地方の物に関してならなでしこよりも上らしい。

劇中の活躍[編集]

第1部[編集]

本格的な登場は、第6巻からである。川平薫の犬神同士で序列争いが起こった際、最初に抜け駆けで川平啓太の所へ現れた。そこで、啓太に関する予言を行っているが、あまりもの内容に(オムツをされる、オンナに裏切られる、ヘンタイに言い寄られる、素っ裸で下水に流される、信頼している女性に裏切られる)啓太が喜ぶはずも無かった。ただし、この時の予言は全て的中してしまっている。

予言を啓太が気に召さなかった事で、今度は「いきなり脱ぐ」という行動に出ており、さすがの啓太も、子供であるともはねの存在の事も考えて、この唐突する行動には抵抗を感じていた。この時の対応に、フラノは何故薫が啓太に序列を決めて貰うよう頼んだのか、自分なりに悟っている。

後にごきょうやとてんそうの二人と共に、川平カオルの眠っている氷塊のある部屋を発見してしまっているが、ごきょうやの判断によって、この事は見なかった事になったが、その後でフラノはカオルに関する不吉な未来を見た。

第2部[編集]

最初に薫の家へ帰ってきており、薫の捜索に役立つという理由で、なにやら奇妙な言語を話す『砂漠の精霊』をお客様として連れて来ている。

「外れ者」に優しい啓太に対しては好意を持つようになったが、ようことの会話の中で自分の恋愛観をようこ、ともはねに説き(川平カオルはいまいち理解できなかった)「自分が恋をすることは二度とない」との意思を(言外に)ようこに示しており、普段からは想像出来ない大人な雰囲気を出している。

最初に仕えた主人に「フラノ」という名前を付けてもらったらしく、最初の主人に対しては、特別な感情を抱いてもいたらしい。

本人曰く、その人の未来をいつでも見て取れるが、あえて告げないことも多いという。