フラワーズ・イン・ザ・ダート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フラワー・イン・ザ・ダート
ポール・マッカートニースタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年-1989年
ジャンル ロック
時間
レーベル キャピトル、パーロフォン
プロデュース ポール・マッカートニー、ミッチェル・フルーム、ニール・ドーフスマン、トレヴァー・ホーン、スティーヴ・リプトン、エルヴィス・コステロデイヴィッド・フォスター、クリス・ヒューズ、ロス・カラム
ポール・マッカートニー アルバム 年表
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
(1988年)
フラワーズ・イン・ザ・ダート
(1989年)
ポール・マッカートニー・ライブ!! 1989-1990
(1990年)
テンプレートを表示

フラワーズ・イン・ザ・ダートFlowers In The Dirt)は、1989年に発表されたポール・マッカートニーのアルバム。

解説[編集]

エルヴィス・コステロとの出会いが大きな意味を持った作品。電話を通じて知り合ったポールとエルヴィスは、多くの曲を共作し、そのうち4曲は本作に、2曲はエルヴィスの作品『スパイク』(1989年)に収録された。また、曲ごとに様々なプロデューサーを起用し、サウンドに幅を持たせているが、ポール本来のメロディアスで親しみやすい作風を貫いている。

本作発表後、実にウイングス以来となるワールド・ツアーを行う。1989年9月から1990年7月に及ぶ大規模なもので、セットリストは彼が長年演奏を躊躇していたビートルズ時代の楽曲が半数を占めていた。

1991年には、来日記念盤としてボーナスCDを追加した2枚組『フラワーズ・イン・ザ・ダート -スペシャル・パッケージ-』が限定発売された。ボーナスCDには、新録音の「ロング・アンド・ワインディング・ロード」や、「ラヴ・ミー・ドゥ」と「P.S.アイ・ラヴ・ユー」を繋ぎ合わせた「P.S.ラヴ・ミー・ドゥ」など8トラックを収録。

楽曲[編集]

  • 「マイ・ブレイヴ・フェイス」(先行シングル)「ユー・ウォント・ハー・トゥー」「ケアレス・ラヴに気をつけて」「ふりむかないで」の4曲は、ポールとエルヴィス・コステロの共作で、他はポールが作詞・作曲。「ユー・ウォント・ハー・トゥー」では、ポールとエルヴィスのデュエット・ヴォーカルも聴ける。
  • 「ラフ・ライド」「フィギュア・オブ・エイト」「ハウ・メニー・ピープル」「太陽はどこへ?」の4曲は、ポール、トレヴァー・ホーン、スティーヴ・リプトンの共同プロデュース。トレヴァーの色が出た、テクノロジカルな音作りを披露している。「フィギュア・オブ・エイト」はツアーのオープニングナンバーであった。
  • 「幸せなる結婚」は、デイヴィッド・フォスターとの共同プロデュースで、デヴィッド・ギルモアピンク・フロイド)がゲスト参加。
  • 「プット・イット・ゼア」のストリングス・アレンジは、ポールとジョージ・マーティンによる。
  • 「ふりむかないで」にはニッキー・ホプキンスがピアノでゲスト参加。ポールとはビートルズ時代の「レボリューション」以来の競演を果たした。
  • 2016年6月に発売されたオールタイムベスト「ピュア マッカートニー」には、このアルバムからの楽曲が1曲も収録されていない(ウイングス含むポールの全ソロアルバムで唯一)。

収録曲[編集]

  1. マイ・ブレイヴ・フェイス - My Brave Face
  2. ラフ・ライド - Rough Ride
  3. ユー・ウォント・ハー・トゥー - You Want Her Too
  4. ディストラクションズ - Distractions
  5. 幸せなる結婚 - We Got Married
  6. プット・イット・ゼア - Put It There
  7. フィギュア・オブ・エイト - Figure Of Eight
  8. ディス・ワン - This One
  9. ケアレス・ラヴに気をつけて - Don't Be Careless Love
  10. ふりむかないで - That Day Is Done
  11. ハウ・メニー・ピープルチコ・メンデスに捧ぐ) - How Many People
  12. モーター・オブ・ラヴ - Motor Of Love
  13. 太陽はどこへ? - Ou Est Le Soleil *CDのみのボーナス・トラック
    以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  14. バック・オン・マイ・フィート- Back On My Feet  
  15. フライング・トゥ・マイ・ホーム - Flying To My Home  
  16. ラヴリエスト・シング - Loveliest Thing 
  17. This One (Club Lovejoys Mix)

※17.は2007年、iTunes Store販売版のボーナス・トラック。(12”収録バージョン)

「スペシャル・パッケージ」ボーナスCD

  1. メッセージ - Message ※日本のファンへのメッセージ
  2. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long And Winding Road
  3. ラヴリエスト・シング - Loveliest Thing
  4. ラフ・ライド(ヴィデオ・ヴァージョン)- Rough Ride
  5. 太陽はどこへ?(7インチ・ミックス)- Ou Est Le Soleil (7"MIX)
  6. ママズ・リトル・ガール - Mama's Little Girl
  7. セイム・タイム・ネクスト・イヤー - Same Time Next Year
  8. パーティ・パーティ - Party Party
  9. P.S.ラヴ・ミー・ドゥ - P.S.Love Me Do