フランクリン・モラレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランクリン・モラレス
Franklin Morales
20110928-0572 Franklin Morales.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2011年9月28日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 グアリコ州サン・フアン・デ・ロス・モロス
生年月日 (1986-01-24) 1986年1月24日(33歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 アマチュア・フリーエージェントとしてコロラド・ロッキーズと契約
初出場 2007年8月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

フランクリン・ミゲル・モラレスFranklin Miguel Morales, 1986年1月24日 - )は、ベネズエラ共和国グアリコ州サン・フアン・デ・ロス・モロス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入りとロッキーズ時代[編集]

2002年11月13日コロラド・ロッキーズと契約。

2006年には傘下のA+級モデスト・ナッツで10勝9敗、防御率3.61、奪三振率10.46を記録し、オフには「ベースボール・アメリカ」誌恒例の有望株ランキングにおいてトロイ・トゥロウィツキーに次ぐ球団内2位、全体では30位の評価を受けた[1]

2007年8月18日ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー。9月にはロッキーズの先発投手では新記録となる21.1イニングを連続無失点に抑えた。ボストン・レッドソックスとのワールドシリーズでは2試合に救援登板して7失点と打ち込まれたが、オフには「ベースボール・アメリカ」誌のランキングで全体8位に順位を上げた[2]。しかし、その後は制球難に苦しみ、2009年のシーズン途中からリリーフに転向。一時はクローザーも任されたが、安定した成績を残すことはできなかった[3]

レッドソックス時代[編集]

2011年5月19日に後日指名選手とのトレードで、レッドソックスに移籍した[3]

2013年には、ワールドシリーズの優勝メンバーとなった。

ロッキーズ復帰[編集]

2013年12月18日ジョナサン・ヘレーラとのトレードで、クリス・マーティンと共にロッキーズへ移籍[4]

2014年1月15日にロッキーズと1年契約を結んだ[5]。 オフにFAとなった。 また、11月7日日米野球2014のMLB選抜に選出された[6][7]。この時は、FAだったがロッキーズのユニフォームで出場している。

ロイヤルズ時代[編集]

2015年2月19日カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[8]4月5日に1年185万ドルでメジャー契約を結んで25人枠に登録され、開幕をメジャーで迎えることとなった[9]7月27日ジョニー・クエトの加入に伴って背番号を45に変更した[10]。前年は先発投手としてマウンドに登る機会が多かったが、この年はリリーフ専門で投げ、67試合に登板・ちょうど通算300試合登板となった。防御率は2014年比で約2.00も下がり、3.18だった。また被本塁打の割合も減ったほか、4勝2敗を記録して自己ベストの勝率.667をマークした。オフの11月2日にFAとなった[11]

ロイヤルズ退団後[編集]

2016年3月5日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として合流した[12]が、28日に放出された[13]4月2日トロント・ブルージェイズと1年契約を結び[14]、開幕25人枠入りした。8月1日DFAとなり、9日に自由契約となった[15]

2017年2月8日に指名投手枠で第4回WBCベネズエラ代表に選出された[16]。6月22日にメキシカンリーグモンクローバ・スティーラーズと契約したが、故障で8試合の登板に終わり、オフに自由契約となった。

投球スタイル[編集]

常時90マイル台半ばを計測する速球カーブを武器に、特に左打者に対して強さを発揮する。キャリア通算で投球回数の半分以上の四球を出す制球力が課題だったが、2011年のレッドソックス移籍後には改善が見られた[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 COL 8 8 0 0 0 3 2 0 0 .600 163 39.1 34 2 14 1 2 26 0 0 15 15 3.43 1.22
2008 5 5 0 0 0 1 2 0 0 .333 120 25.1 28 2 17 2 1 9 1 3 18 18 6.39 1.78
2009 40 2 0 0 0 3 2 7 7 .600 179 40.0 38 4 23 4 1 41 2 0 22 20 4.50 1.53
2010 35 0 0 0 0 0 4 3 1 .000 140 28.2 28 5 24 2 3 27 3 2 22 20 6.28 1.81
2011 14 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 59 14.0 10 2 8 1 0 11 1 0 6 6 3.86 1.29
BOS 36 0 0 0 0 1 1 0 8 .500 134 32.1 30 4 11 0 2 31 1 1 15 13 3.62 1.27
'11計 50 0 0 0 0 1 2 0 10 .333 193 46.1 40 6 19 1 2 42 2 1 21 19 3.69 1.27
2012 37 9 0 0 0 3 4 1 8 .429 325 76.1 64 11 30 3 6 76 3 5 38 32 3.77 1.23
2013 20 1 0 0 0 2 2 0 4 .500 112 25.1 24 2 15 2 3 21 3 0 13 13 4.62 1.54
2014 COL 38 22 0 0 0 6 9 0 0 .400 646 142.1 166 24 65 4 6 100 5 4 90 85 5.37 1.62
2015 KC 67 0 0 0 0 4 2 0 8 .667 258 62.1 58 4 14 0 4 41 6 2 24 22 3.18 1.16
2016 TOR 5 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 16 4.0 3 1 2 0 0 2 0 1 4 4 9.00 1.25
MLB:10年 305 47 0 0 0 23 30 11 38 .434 2152 490.0 483 61 223 19 28 385 25 18 267 248 4.56 1.44
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 56 (2007年 - 2011年途中、2013年 - 2014年、2016年)
  • 46 (2011年途中 - 2012年)
  • 47 (2015年 - 2015年7月26日)
  • 45 (2015年7月27日 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ 2007 Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2007年2月28日). 2016年3月7日閲覧。
  2. ^ Top 100 Prospects: No. 1-20” (英語). Baseball America.com (2008年2月25日). 2016年3月7日閲覧。
  3. ^ a b c Tony Lee (2011年5月19日). “Red Sox Trade for Lefty Franklin Morales, Designate Hideki Okajima for Assignment in Latest Pitching Shuffle” (英語). NESN. http://www.nesn.com/2011/05/red-sox-trade-for-lefty-franklin-morales-designate-hideki-okajima-for-assignment-in-latest-pitching-.html 2016年3月7日閲覧。 
  4. ^ “Rockies acquire LHP Franklin Morales and RHP Chris Martin” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2013年12月18日), http://m.rockies.mlb.com/news/article/66068174 2016年3月7日閲覧。 
  5. ^ “Rockies and LHP Franklin Morales avoid arbitration” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Colorado Rockies), (2014年1月15日), http://m.rockies.mlb.com/news/article/66705968 2016年3月7日閲覧。 
  6. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  7. ^ “シューメーカーら14人追加=日米野球”. 日刊スポーツ. (2014年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20141101-1390295.html 2014年11月8日閲覧。 
  8. ^ Shawn Krest (2015年2月5日). “Ryan Madson, Franklin Morales, Paulo Orlando make Royals' roster”. CBS Sports FANTASY (CBS Interactive). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/ryan-madson-franklin-morales-paulo-orlando-make-royals-roster/ 2016年3月7日閲覧。 
  9. ^ Jeffrey Flanagan (2015年4月6日). “Royals put their Opening Day roster in place” (英語). MLB.com. 2015年5月4日閲覧。
  10. ^ “Cueto to make his debut for Royals on Friday” (英語). The Associated Press. USA TODAY. (2015年7月27日). http://www.usatoday.com/story/sports/mlb/2015/07/27/cueto-to-make-his-debut-for-royals-on-friday/30755973/ 2015年7月28日閲覧。 
  11. ^ Transactions | royals.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  12. ^ Adam McCalvy (2016年3月6日). “Crew signs reliever Morales to Minors deal” (英語). MLB.com. 2016年3月7日閲覧。
  13. ^ Todd, Jeff (2016年3月28日). “Brewers Release Franklin Morales, Will Add Chris Capuano To Roster”. mlbtraderumors.com. 2016年4月7日閲覧。
  14. ^ Blue Jays sign left-hander Franklin Morales to 1-year deal”. Sportsnet (2016年4月2日). 2016年4月7日閲覧。
  15. ^ Blue Jays release LHP Morales”. TSN.ca (2016年8月9日). 2016年8月19日閲覧。
  16. ^ Miggy, Altuve lead loaded Venezuela offense MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月4日閲覧

関連項目[編集]