フランク・タウシッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wages and capital, 1935
Frank William Taussig by Pach Brothers.jpg

フランク・ウィリアム・タウシッグFrank William Taussig1859年12月28日 - 1940年11月11日[1])は、アメリカ合衆国経済学者ミズーリ州セントルイス出身。

経歴[編集]

タウシッグは経済学の教授としてハーバード大学で50年以上にわたって教鞭をとり、現代の貿易理論の基礎を構築したことで高い評価を受けている。

タウシッグは1889年から1890年まで、また1896年から1935年まで、季刊経済学雑誌「クォータリー・ジャーナル・オブ・エコノミクス」の編集者として活動した。また1904年から1905年までアメリカ経済学会の会長を務め、1917年から1919年までアメリカ関税委員会(アメリカ国際貿易委員会の前身)の議長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典