フランク・デュリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランク・デュリックス Football pictogram.svg
FCSG am Hallenmaster.jpg
名前
ラテン文字 Franck DURIX
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1965-10-20) 1965年10月20日(53歳)
出身地 Belleville-sur-Saône
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF (CH、DH)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1988 フランスの旗 リヨン 104 (30)
1988-1995 フランスの旗 カンヌ 179 (13)
1995-1996 日本の旗 名古屋グランパス 72 (16)
1997-2000 スイスの旗 セルヴェット 77 (13)
2000-2001 フランスの旗 ソショー 38 (3)
2001-2002 フランスの旗 カンヌ 29 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・デュリックス(Franck Durix, 1965年10月20日 - )は、フランス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダーセンターハーフ)。

来歴[編集]

地元クラブからオリンピック・リヨンを経て、1988年にASカンヌに移籍。主将を務めた1993-1994シーズンは6位進出に貢献し、『フランス・フットボール』誌のエトワールドール(Etoile d'Or=シーズン最優秀選手賞)も受賞した。

しかし代表には縁遠く、1994年にEURO 1996予選の代表候補合宿に招集されたのみ。 ただ、自分の絶頂期に代表に加われなかった事を「能力を見極める力が代表に無い」とし、ある時期以降は候補招集も拒否していた。

1995年、アーセン・ベンゲルから誘いを受け、Jリーグ名古屋グランパスエイトに移籍。ここでは浅野哲也とセンターハーフを組み、ストイコビッチトーレスパシらとともにチームの中心選手として活躍した。

退団後はスイスのセルヴェットFC、フランスのFCソショー、ASカンヌでプレー。2002年に現役を引退した。

選手引退後はフランスで多国籍料理レストラン経営を行っていたが、2015年ベトナムに渡り、ホーチミンに新設されたNutifood JMGの全寮制アカデミーでダイレクターに就き、若手選手の育成に努めている[1]2018年6月にはベトナム人女性と再婚した[1]

所属クラブ[編集]


個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 名古屋 - J 48 10 - 5 1 53 11
1996 24 6 10 0 0 0 34 6
通算 日本 J1 72 16 10 0 5 1 87 17
総通算

その他の公式戦

脚注[編集]

  1. ^ a b 月刊グラン』2018年8月号、P44

関連項目[編集]