フランク・モンタニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランク・モンタニー
Franck Montagny Le Mans drivers parade 2011 crop.jpg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ロワール県フール
生年月日 (1978-01-05) 1978年1月5日(41歳)
F1での経歴
活動時期 2006
所属チーム スーパーアグリ・ホンダ
出走回数 7
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 27位 (0ポイント)
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 2006年フランスGP
テンプレートを表示

フランク・モンタニーFranck Montagny1978年1月5日 - )は、フランス出身のレーシングドライバー

経歴[編集]

2001年・2003年のワールドシリーズ・バイ・ニッサン(現在のフォーミュラ・ルノー3.5)のシリーズチャンピオン。また、2003年から2005年までルノーF1チームのテストドライバーを務めた。

また、2005年のF1第7戦となったヨーロッパGPでは、ジョーダントヨタのサードドライバーとして金曜フリー走行に出走した。

2006年はレギュラーシート獲得を望んでルノーのテストドライバーを外れ、MF1などと交渉を行ったが不調に終わる。結果、開幕戦・第2戦でスーパーアグリのリザーブドライバーとしてエントリーした後、IRLへの転進が噂されていた。結局、第5戦ヨーロッパGPより再びスーパーアグリのサードドライバーとして契約が決定する。

しかし、レギュラードライバーだった井出有治が前戦のサンマリノGPで接触事故を起こし、FIAからの通告により欠場となったため、急遽代役としてヨーロッパGPでF1デビューを飾ることとなった。その後、井出のスーパーライセンスが剥奪されたため、継続してセカンドドライバーとして参戦することとなり、第10戦アメリカGPまで契約は延長された。さらに第11戦フランスGPがモンタニーの出身国での開催であるため、チームの計らいで引き続きフランスGPも出走した。それ以降については山本左近が第12戦ドイツGPより参戦することになったため、モンタニーはリザーブ兼開発ドライバーとして活動した。

2006年ル・マン24時間でのモンタニー

この年はスーパーアグリでの活動と並行してル・マン24時間レースに出走し、WRC王者のセバスチャン・ローブと同じマシンで総合2位に入るという活躍も見せている。

2007年はトヨタに移籍し、テスト兼リザーブドライバーを務めた。しかし、2007年シーズンのみでトヨタを去り、再びレギュラーシートを求めてフォース・インディアのテストを受けたが、シート獲得には至らなかった。

2008年はチャンプカー最後のレースに参戦し、テスト経験も無いにも関わらず2位表彰台に登る。また、2007-2008年A1グランプリのフランスチームから第9戦中国GP(上海)スプリントレース12位、フィチャーレース8位と第10戦イギリスGP(スプリントレース10位、フィチャーレース5位)に参戦した。(チーム総合3位)

その後、7月からはアメリカン・ル・マン・シリーズアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦している。モンタニー自身このカテゴリーは初参戦ではなく、シリーズがスタートした1999年と翌年の2000年にそれぞれ1レースずつのみではあるが出走した経験がある。第9戦デトロイトでのレースではジェームズ・ロシターとのコンビで初の総合優勝を果たした。

2009年はル・マン24時間レースにプジョーワークスの908 HDi FAPで参戦、3台体制の2台目としてセバスチャン・ボーデ、ステファン・サラザンとのフランス人トリオで挑んで2位に入り、908のワン・ツー・フィニッシュに貢献した。

その後、8月末からインディカー・シリーズにアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦することが発表され、第14戦のインフィニオンでデビューした。この年はインフィニオンのみの参戦となった。

2010年はスーパーリーグ・フォーミュラにフランスのFCジロンダン・ボルドーから参戦している。第4戦スペインの第2レースで初優勝を上げた。

2011年以降はル・マン24時間耐久レースのほか、V8スーパーカーシリーズやインディカー・シリーズなどにスポット参戦をしていた。

2014年、新たに開催されたフォーミュラEにおいてアンドレッティ・フォーミュラEチームより参戦[1]したものの、第2戦のマレーシアにおけるドーピング検査コカイン誘導体の陽性反応が出たため、第3戦以降は出場停止となった[2]

2019年現在はCanal+の解説者およびコンサルタント[3]として復帰している。

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1999年 DAMS IMO
10
MON
9
CAT
Ret
MAG
7
SIL
6
A1R
12
HOC
6
HUN
3
SPA
Ret
NÜR
9
12位 6
2000年 IMO
Ret
SIL
7
CAT
6
NÜR
Ret
MON
6
MAG
4
A1R
17
HOC
Ret
HUN
12
SPA
Ret
15位 5

(key)

ワールドシリーズ・バイ・ニッサン[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2001年 イプシロン・バイ・グラフ JAR
1

1
JAR
2

1
EST
1

5
EST
2

4
ALB
1

9
ALB
2

1
VAL
1

Ret
VAL
2

1
MNZ
1

Ret
MNZ
2

1
MAG
1

1
MAG
2

1
CAT
1

5
CAT
2

1
VAL
1

2
VAL
2

Ret
1位 211
2002年 レーシング・エンジニアリング VAL
1

2
VAL
2

1
JAR
1

2
JAR
2

12
ALB
1

5
ALB
2

4
MNZ
1

2
MNZ
2

1
MAG
1

3
MAG
2

1
CAT
1

5
CAT
2

4
VAL
1

7
VAL
2

5
CUR
1

6
CUR
2

2
INT
1

1
INT
2

3
2位 204
2003年 ガボルド・コンペティション JAR
1

1
JAR
2

1
ZOL
1

Ret
ZOL
2

1
MAG
1

1
MAG
2

1
MNZ
1

1
MNZ
2

13
LAU
1

1
LAU
2

2
SPL
1

7
SPL
2

1
CAT
1

1
CAT
2

5
VAL
1

3
VAL
2

DNS
JAR
1

Ret
JAR
2

Ret
1位 241

F1[編集]

所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数
2006年 スーパーアグリ 23 27位 0 16位 0回 21位・4回
チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 WDC ポイント
2006年 スーパーアグリ SA05 BHR MAL AUS SMR EUR
Ret
ESP
Ret
MON
16
GBR
18
CAN
Ret
USA
Ret
FRA
16
GER HUN TUR ITA CHN JPN BRA 27位 0

(key)

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年-2015年 アンドレッティ・オートスポーツ スパーク-ルノー・SRT 01E BEI
2
MAL
DSQ
PDE BNA MIA LBH MON BER MOS LON LON 16位 18

(key)

スポーツカー[編集]

アメリカン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1999年 DAMS ローラ・B98/10 LMP SEB ATL MOS SON POR PET
Ret
LGA LSV 35位 28
2000年 モトローラ DAMS キャデラック・ノーススター・LMP LMP SEB CHA SIL NÜR
5
SON MOS TEX POR PET LGA LSV ADE 40位 20
2008年 アンドレッティ・グリーン・レーシング アキュラ・ARX-01b LMP2 SEB STP LBH UTA LIM
5
MDO
7
AME
7
MOS
4
DET
1
PET
7
LGA
1
11位 90
2009年 プジョー・スポール トタル プジョー・908 HDi FAP LMP1 SEB
2
STP LBH UTA LIM MDO AME MOS PET
1
LGA 9位 56
2010年 プジョー・908 HDi FAP LMP1 SEB LBH LGA UTA LIM MDO AME MOS PET
1
NC 0
2011年 プジョー・908 LMP1 SEB
3
LBH LIM MOS MDO AME BAL LGA PET
1
NC 0

インターコンチネンタル・ル・マン・カップ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2010年 プジョー・スポール トタル プジョー・908 HDi FAP LMP1 SIL PET
1
ZHU
1
2011年 プジョー・908 LMP1 SEB
3
SPA
2
LMN
3
IMO
2
SIL
8
PET
1
ZHU
2

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1998年 フランスの旗 クラージュ・コンペティション フランスの旗 アンリ・ペスカロロ
フランスの旗 オリビエ・グルイヤール
クラージュ・C36-ポルシェ LMP1 304 15位 4位
1999年 フランスの旗 チーム・DAMS フランスの旗 クリストフ・タンソー
フランスの旗 デヴィッド・テリエン
ローラ・B98/10-ジャッド LMP 77 DNF DNF
2000年 フランスの旗 チーム・DAMS フランスの旗 エリック・ベルナール
フランスの旗 エマニュエル・コラール
キャデラック・ノーススター・LMP LMP900 300 19位 9位
2001年 フランスの旗 バイパー チーム・オレカ フランスの旗 ヤニック・ダルマス
フランスの旗 ステファン・サラザン
クライスラー・LMP LMP900 126 DNF DNF
2002年 フランスの旗 プレイステーション・チーム・オレカ フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 ニコラ・ミナシアン
ダラーラ・SP1-ジャッド LMP900 359 6位 5位
2005年 フランスの旗 アウディ・プレイステーション・チーム・オレカ フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン
モナコの旗 ステファン・オルテリ
アウディ・R8 LMP1 362 4位 4位
2006年 フランスの旗 ペスカロロ・スポーツ フランスの旗 セバスチャン・ローブ
フランスの旗 エリック・エラリ
ペスカロロ・C60 ハイブリッド-ジャッド LMP1 376 2位 2位
2008年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル ブラジルの旗 リカルド・ゾンタ
オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン
プジョー・908 HDi FAP LMP1 379 3位 3位
2009年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 セバスチャン・ボーデ
プジョー・908 HDi FAP LMP1 381 2位 2位
2010年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 ニコラ・ミナシアン
プジョー・908 HDi FAP LMP1 264 DNF DNF
2011年 フランスの旗 プジョー・スポール トタル フランスの旗 ステファン・サラザン
フランスの旗 ニコラ・ミナシアン
プジョー・908 LMP1 353 3位 3位
2012年 フランスの旗 オーク・レーシング オーストリアの旗 ドミニク・クライハマー
ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット
ペスカロロ・01 Evo-ジャッド LMP1 219 DNF DNF

関連項目[編集]

脚注[編集]