フランク・ラムゼイ (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
30. Frank Ramsey.jpg

フランク・プランプトン・ラムゼイ(姓はラムジーとも、Frank Plumpton Ramsey, 1903年2月22日 - 1930年1月19日)は、イギリス数学者である。ケンブリッジ出身。その生涯は非常に短かったが数学哲学経済学に大きく貢献した。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ(1920-23)にて学ぶ。卒業後、短期間ウィーンに留学した後、キングス・カレッジフェロー(1924)・講師(1926)。1930年、肝臓を患ったため開腹手術を受けるも容態が急変し、死去した。

数学[編集]

  • ベイズ確率
    • 確率論の主観的解釈(のちにベイズ主義と呼ばれる)は1931年にラムゼイによって提唱される。
  • ラッセル・ホワイトヘッド理論の簡易化
  • ラムゼーの定理
  • ラムゼイ数
  • ラムゼイ・グラフ
  • ラムゼイ問題

哲学[編集]

経済学[編集]

  • 主観的不確実性のもとでの選択についての研究。主観的期待効用英語版
  • 経済成長理論においてラムゼー–キャス–クープマンスモデル英語版
  • ラムゼイ価格、ボワトー-ラムゼイ価格づけ規則。
  • ケインズ-ラムゼイルールドイツ語版

著書[編集]

  • 『ラムジー哲学論文集 (双書プロブレーマタII10)』勁草書房 ISBN 978-4326198900