フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランケンシュタインの誘惑
科学史 闇の事件簿
ジャンル ドキュメンタリー
科学番組
出演者 吉川晃司(ナビゲーター)
武内陶子(トークパート司会)
ナレーター 吉川晃司
オープニング 菅野よう子「Final Shore~おお、再臨ありやと」(2016年度まで)
製作
プロデューサー 岩井優介
北村卓三(制作統括)
田野稔(制作統括)
西ヶ谷力哉(制作統括)
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年4月28日 - 2018年3月29日
放送時間 毎月最終木曜日 22:00 - 23:00
放送分 60分
公式ウェブサイト

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿』(フランケンシュタインのゆうわく かがくし やみのじけんぼ)は、NHK BSプレミアムで放送されていたドキュメンタリー番組である。

概要[編集]

科学史の闇に埋もれた事件に光を当て、科学の正体に迫るドキュメンタリー[1]

番組は吉川晃司によるナビゲーションパート、tauchi sakuraのイラストによるビデオパート、科学者をゲストに迎えてのトークパートで構成される[1]

2015年に不定期特番として3回放送され、2016・17年度に月一回のレギュラー番組として放送。2018年度は10月に小説「フランケンシュタイン」の出版から200年になることに因み3週シリーズによる特集番組として放送。

NHK Eテレでは過去の放送からトークパートの省略と武内陶子の吹き替えによる謎の知的生命体のCGキャラクター「ドクターフランケンE+」による解説パートを挿入した再編集版「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」を上記の2018年10月特番に関連し同月に2回、2019年度からレギュラー放送しナレーター吉川晃司がオープニングテーマも担当する。

放送時間[編集]

2015年は放送リストを参照。

レギュラー時代
  • 2016年度:毎月最終木曜日 21:00 - 22:00
    • 再放送:毎月最終木曜15:00 - 16:00
  • 2017年度:毎月最終木曜日 22:00 - 23:00
    • 再放送:毎月最終水曜23:45 - 24:45
2018年度
  • BSプレミアム特番:土曜 22:30 - 23:30
    • BS4K:第1回2019年2月12日7:30 - 8:30・第2回2月19日7:30 - 8:30・第3回2月26日8:00 - 8:30
  • NHK Eテレ「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」:金曜22:00 - 22:45
2019年度
  • NHK Eテレ「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」:木曜22:00 - 22:45

放送リスト[編集]

2015年(特番)
回数 放送時間 副題 ゲスト
1 2015年3月5日
22:00 - 23:00
“不死の細胞”狂想曲事件 島崎和歌子篠原ともえ
仲野徹・谷口英樹
2 7月2日
22:00 - 23:00
愛と憎しみの錬金術 毒ガス 池内了・西林仁昭
3 11月26日
21:00 - 22:00
放射能 マリーが愛した光線 池内了・肥山詠美子
2016 - 2017年度(レギュラー放送)
回数 放送日 副題 ゲスト
CASE01 2016年
4月28日
死ねない細胞 世界を救った黒人女性の悲劇 黒木登志夫・高橋政代
CASE02 5月28日 原爆誕生 科学者たちの“罪と罰” 池内了・山下了
CASE03 6月30日 汚れた金メダル 国家ドーピング計画 仲野徹・渡部厚一
CASE04 7月30日 人が悪魔に変わる時 史上最悪の心理学実験 池内了・森津太子
CASE05 8月25日 切り裂きハンター 死のコレクション 坂井建雄・仲野徹
CASE06 9月29日 握りつぶされたブラックホール 池内了・大須賀健
CASE07 10月27日 ドクター・デス 安楽死を処方する医師 仲野徹・内藤いづみ
CASE08 11月24日 水爆 裏切りと欲望の核融合 池内了・笠田竜太
スペシャル1 12月29日 はなぜ生まれるのか[2] 池内了・谷口英樹・
肥山詠美子・山下了・
栗原聡
CASE09 2017年
1月26日
“いのち”の優劣 ナチス 知られざる科学者 仲野徹・松原洋一
CASE10 2月23日 脳を切る 悪魔の手術ロボトミー 平孝臣・加藤忠史
CASE11 3月23日 宇宙に魂を売った男 池内了・阪本成一
CASE12 4月27日 ゆがめられた天才 幻の世界システム 池内了・川原圭博
CASE13 5月25日 地獄の炎 ナパーム弾 梅村一之・池内了
CASE14 6月29日 ビタミン×戦争×森鴎外 仲野徹・佐々木敏
CASE15 7月27日 強制終了 人工知能を予言した男 栗原聡・池内了
CASE16 8月31日 消された指紋 岩瀬博太郎・松本勉
CASE17 9月28日 人を操る 恐怖の脳チップ 池内了・平孝臣
CASE18 10月26日 ザ・トゥルース(真実) 世界を変えた金融工学 池内了・山嵜輝
CASE19 11月30日 麻酔 欲望の医療革命 菊地博達・谷口英樹
スペシャル2 12月28日 欲望のユートピア[3] 池内了・栗原聡・
佐々木敏・平孝臣・
肥山詠美子
CASE20 2018年
1月25日
モンスター・スタディー
史上最悪の心理学スキャンダル
池内了・川合紀宗
CASE21 2月22日 幻の地震“予知” 日本を揺るがした大論争 山岡耕春・池内了
CASE22 3月29日 人体蘇生 池内了・谷口英樹
2018年度
回数 放送日 副題 ゲスト
第一夜 2018年
10月13日
超人類 ヒトか?機械か? 遠藤謙・池内了
第二夜 10月20日 天才誕生 精子バンクの衝撃 仲野徹・松原洋一
第三夜 10月27日 クローン人間の恐怖 仲野徹・谷口英樹


フランケンシュタインの誘惑E+[編集]

2018年度
回数 放送日 副題 初回回数
1 2018年
10月12日
人体蘇生 CASE22
2 10月19日 放射能 マリーが愛した光線 2015年第3回
2019年度
回数 放送日 副題 初回話数
1 2019年
4月4日
人体蘇生 CASE22
2 4月11日 原爆誕生 科学者たちの“罪と罰” CASE02
3 4月18日 水爆 欲望と裏切りの核融合 CASE08
4 4月25日 脳を切る “悪魔の手術”ロボトミー CASE10
5 5月2日 ゆがめられた天才 幻の世界システム CASE12
6 5月9日 地獄の炎 ナパーム CASE13
7 5月16日 愛と憎しみの錬金術 毒ガス 2015年第2回
8 5月23日 人を操る 恐怖の脳チップ CASE17
9 5月30日 放射能 マリーが愛した光線 2015年第3回
10 6月6日 宇宙に魂を売った男 CASE11
11 6月13日 強制終了 人工知能を予言した男 CASE15
12 6月20日 握りつぶされたブラックホール CASE06
13 6月27日 ザ・トゥルース 金融工学革命 CASE18
14 7月4日 モンスター・スタディー CASE20

書籍[編集]

  • 『闇に魅入られた科学者たち 人体実験は何を生んだのか』(2018年3月10日発売、NHK出版 ISBN 978-4-14-081735-3)
    • 人体実験に関係したレギュラー放送第5・9・10・3・4回の内容にトークパートの未放送部分や放送後の最新情報等を加筆修正し書籍化。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b スペシャルコラム「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」コトハジメ BY 北村卓三 - NHK BSオンライン(Internet Archive)
  2. ^ 21:00 - 22:30の拡大総集編。2015年特番全3回、レギュラー第2・4・8回をダイジェストで取り上げ座談会形式でトークを行った。
  3. ^ 22:00 - 23:30の拡大総集編。レギュラー第9・11・15・17回をダイジェストで取り上げ、座談会形式でトークを行った。