フランシスコ・フェルナンデス・デ・カピリャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フランシスコ・フェルナンデス・デ・カピリャス
中国最初の殉教者
生誕 1607年8月14日
スペインパレンシア県バケリン・デ・カンポス
死没 1648年1月15日
福建省福安
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1909年5月2日
列聖日 2000年10月1日
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 1月15日
テンプレートを表示

フランシスコ・フェルナンデス・デ・カピリャス(Francisco Fernández de Capillas、1607年8月14日 - 1648年1月15日)は、スペインドミニコ会の司祭で、フィリピン中国の宣教師。中国最初のキリスト教殉教者で、2000年10月1日中国百二十聖人のひとりとして列聖された。

生涯[編集]

(Pedrosa (2006) pp.146-147 による)

カピリャスはパレンシア地方のバケリン・デ・カンポスで生まれ、バリャドリッドのドミニコ会に入会した。フィリピンのマニラで1632年司祭に叙階され、カガヤン州で布教した。同じドミニコ会のフランシスコ・ディアスとともに1641年に台湾、1642年3月に福建省に派遣された。ディアスは1646年11月4日に没したが、同じ日に軍がカピリャスのいる福安に侵攻した。カピリャスは1647年11月13日に捕えられ、獄に入れられ、二日後の1648年1月15日に死刑になった。

列聖まで[編集]

1748年9月16日にベネディクトゥス14世がカピリャスを中国最初の殉教者と認めた。1909年5月2日にピウス10世によって列福された。

2000年10月1日、ヨハネ・パウロ2世中国百二十聖人の最初のひとりとしてカピリャスを列聖した[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]