フランシス・エジャートン (第3代ブリッジウォーター公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第3代ブリッジウォーター公爵フランシス・エジャートンの肖像画

第3代ブリッジウォーター公爵フランシス・エジャートン英語: Francis Egerton, 3rd Duke of Bridgewater1736年5月21日 - 1803年3月8日)は、イギリスの貴族。

ブリッジウォーター運河英語版の建設者として知られる。

経歴[編集]

1736年5月21日、初代ブリッジウォーター公爵スクロープ・エジャートンとその妻レイチェル(第2代ベッドフォード公爵ライオセスリー・ラッセルの娘)の間の六男としてウォーズリー英語版で生まれた[1][2][3]。兄に第2代ブリッジウォーター公爵位を継承するジョン・エジャートンがいる[2]

1748年2月に死去した兄から爵位を継承した[2]。公爵はウォーズリーに炭坑を保有しており、そこから産出される石炭をマンチェスターまで輸送する運河として1761年から技師ジェイムズ・ブリンドリー英語版の指揮のもとにブリッジウォーター運河英語版の建設を開始させた[4]。この運河はイギリスで最初の運河であり、またこの運河の成功をきっかけにイギリス各地の運河建設が加熱して「運河狂時代(canal mania)」と呼ばれる時代が到来した[4]。そのため公爵は「英国内陸航行の父(father of British inland navigation)」と呼ばれた[1]

1803年3月8日にロンドン・セント・ジェームズ英語版のクリーブランド・ロウ(Cleveland Row)で死去[2]。子供はなく、彼の死とともに継承資格者のないブリッジウォーター公爵位とブラックリー侯爵位は廃絶したが、ブリッジウォーター伯爵位をはじめとする3つのイングランド貴族爵位は従兄弟にあたるジョン・エジャートン英語版に継承された[2][1]

栄典[編集]

爵位[編集]

1748年2月26日に兄ジョン・エジャートンの死去により以下の爵位を継承した[1]

死後、ブリッジウォーター公爵位とブラックリー侯爵位は廃絶。それ以外は従兄弟ジョン・エジャートン英語版が継承[2][1]

家族[編集]

結婚しておらず、子供はなかった。ただ1759年頃には陸軍軍人ジョン・ギャニングの大佐の娘エリザベス・ギャニング英語版(後のハメルドンの初代ハミルトン女男爵)と関係を持っていたといわれる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “Francis Egerton, 3rd Duke of Bridgwater” (英語). thepeerage.com. 2016年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Bridgewater, Duke of (GB, 1720 - 1803)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ Francis Egerton, 3rd duke of Bridgewater Encyclopædia Britannica
  4. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 93.

参考文献[編集]

  • 松村赳、富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478。
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョン・エジャートン
第3代ブリッジウォーター公爵
1748年 – 1803年
廃絶
イングランドの爵位
先代:
ジョン・エジャートン
第6代ブリッジウォーター伯爵
1748年 – 1803年
次代:
ジョン・エジャートン英語版