フランシス・グリーンウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランシス・グリーンウェイ

フランシス・グリーンウェイ(Francis Howard Greenway、1777年11月20日 - 1837年9月)は、イギリス生まれの建築家囚人として流刑先のオーストラリアなどイギリス植民地で活躍した。 イギリス・ブリストル生まれ。

経歴[編集]

  • 1777年、ブリストル近郊の石工や建築家の家族に生まれる。兄弟で建築設計事務所を主宰していたが、ナポレオン戦争での不況により、倒産回避のため契約書改ざんを図る。
  • 1812年、文書偽造のために逮捕、死刑宣告をうけるが、その後オーストラリアニューサウスウェールズ植民地への懲役14年流刑に処される。
  • 1814年、シドニー着後、執行猶予により、建築家としての仕事を再開。
  • 1815年、ハーバー・ブリッジ案を提案、公共事業へ参画しはじめる。
  • 1816年、時の総督ラックラン・マッコーリーから、公共事業担当の建設副監督官に任命される。
  • 1818年、サウス・ヘッド灯台を手がけ、この功績で仮赦免を受ける。
  • 1819年、囚人宿舎の設計により特赦を受け、自由の身となる。
  • 1822年、報酬等でマッコーリーとの見解の相違をうけ、イギリス政府から通達によって職を解かれる。植民地での職人に対する技術向上を目的に、到達度別に呼応した支払手法の導入を主張していたとされる
  • 1837年、ハンター・ヴァリーの自宅で死去

代表作[編集]

現存しているもののうち、改築されているものもある。

  • リバプール・セント・ルークス教会
  • 総督官邸・馬小屋(1816年から1821年)現ニューサウスウェールズ音楽堂・音楽院(Conservatorium of Music)
  • ハイド・パーク・バラックス(囚人宿舎、1817年から1819年、パラマッタ女性就業工場)
  • サウス・ヘッドの灯台(1818年)
  • セント・ジェームズ教会(St. James Church、1819年から1824年)
  • ウィンザー・セント・マシューズ教会(聖マタイ英国国教会 St Matthew’s Anglican Church)
  • キャンベル邸
  • 最高裁判所(1820年から1828年)
  • セント・トーマス・アングリカン教会(1828年)

その他[編集]

  • スタイルは当時流行のジョージアン様式であったが、オーストラリアの風土に適するデザインを用いた。
  • オーストラリアで最初に発行された10ドル紙幣の肖像に採用されている。
  • オーストラリア最高峰の建築賞の名として、ジョン・サルマンとともに「サルマン・アンド・フランシス・グリーンウェイ賞」と名づけられている。