フランシス・ノース (第2代ギルフォード男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第2代ギルフォード男爵フランシス・ノース

第2代ギルフォード男爵フランシス・ノース英語: Francis North, 2nd Baron Guilford PC1673年12月14日1729年10月17日)は、イギリスの貴族。

生涯[編集]

1673年12月14日、初代ギルフォード男爵フランシス・ノース英語版の息子として生まれ、1685年9月5日に父が死去すると爵位を継承した[1]。1703年から1705年までエセックス知事英語版を、1713年9月から1714年まで商務委員会第一卿を務めたほか[2]、1712年に枢密顧問官に任命された。

家族[編集]

1695年2月25日、エリザベス・グレヴィル(Elizabeth Greville、1699年11月4日没、第5代ブルック男爵英語版フルク・グレヴィルの三女)と結婚したが、子供はいなかった[1]。その後、アリス・ブラウンロウ(Alice Brownlow第3代準男爵ジョン・ブラウンロウ英語版の娘)と再婚した[1]

  • フランシス(1704年 – 1790年) - 第3代ギルフォード男爵、初代ギルフォード伯爵

脚注[編集]

  1. ^ a b c Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 895.
  2. ^ Cook, Chris; Stevenson, John (1988). British Historical Facts 1688–1760 (in English) (1st ed.). The Macmillan Press. p. 59. ISBN 978-1-349-02369-1.
公職
先代:
ウィンチルシー伯爵
商務委員会第一卿
1713年 – 1714年
次代:
ストラットンのバークリー男爵
名誉職
先代:
オックスフォード伯爵英語版
エセックス知事英語版
1703年 – 1705年
次代:
リヴァーズ伯爵英語版
イングランドの爵位
先代:
フランシス・ノース英語版
ギルフォード男爵
1685年 – 1729年
次代:
フランシス・ノース