フランシス・バーナード (初代バンドン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランシス・バーナード(Francis Bernard、1st Earl of Bandon、1755年11月26日1830年11月26日[1]は、アイルランド貴族、政治家。初代バンドン伯爵。

ジェイムズ・バーナードとその妻でパーシー・スミスの娘エスター・スミスとの間に生まれた唯一の男子で[2]、1778年から1783年までの間はエニスの[1]、その後は1790年までバンドンブリッジ選出の議員としてアイルランド議会庶民院に属した[1]

1793年に叙爵されてバンドン男爵となり[3]、さらに1795年にはバンドン子爵となった[4]。1800年8月29日にはバンドン伯爵およびバーナード子爵の称号を得た[5]。1801年には連合王国議会貴族代表議員となり[6]、1830年に没するまでその地位にあった。

妻は第2代シャノン伯爵の一人娘キャサリン・ヘンリエッタ・ボイルで、1784年2月12日に結婚[6]、5男4女を儲けた[2]。バーナードは75歳のとき、バーナード城で死に、伯爵位は長子のジェームズが継いだ[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Leigh Rayment - Irish House of Commons 1692-1800”. 2009年3月24日閲覧。
  2. ^ a b Burke, John (1832). A Genealogical and Heraldic History of the Peerage and Baronetage of the British Empire. vol. I (4th ed.). London: Henry Colburn and Richard Bentley. pp. 74. 
  3. ^ The London Gazette: no. 13599. p. 1082. 1793年12月3日。2009年3月24日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 13821. p. 1052. 1795年10月10日。2009年4月1日閲覧。
  5. ^ Leigh Rayment - Peerage”. 2009年3月27日閲覧。
  6. ^ a b c ThePeerage - Francis Bernard, 1st Earl of Bandon”. 2009年3月24日閲覧。
アイルランド議会
先代:
ウィリアム・バートン英語版
サー・ルーシャス・オブライエン準男爵英語版
庶民院議員(エニス選挙区英語版選出)
1778年 – 1783年
同職:ウィリアム・バートン英語版
次代:
ステュアート・ウェルドン
ジョン・トマス・フォスター英語版
先代:
ウィリアム・ブラバゾン・ポンソンビー英語版
ロッジ・モレス英語版
庶民院議員(バンドンブリッジ選挙区英語版選出)
1783年 – 1790年
同職:ロッジ・モレス英語版
次代:
ブロドリック・チネリー英語版
ロッジ・モレス英語版
アイルランドの爵位
爵位創設 バンドン伯爵
1800年 – 1830年
次代:
ジェイムズ・バーナード