フランシス・マクローリン=ギル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランシス・マクローリン=ギル(Frances McLaughlin-Gill、1919年9月22日 - 2014年10月23日)は、アメリカ合衆国の女性写真家。主としてファッション写真の分野で活躍する。生まれたときの名は「フランシス・マクローリン」だが、結婚(夫は写真家のレスリー・ギル、Leslie Gill、1908-1958)後は、「フランシス・マクローリン=ギル」と名乗った。

ニューヨークにて生まれる。

Pratt Instituteにて美術を学ぶ。同時期に写真も学ぶ。

ヴォーグの写真に関する公募に応募し、注目を集めた。

ヴォーグのFashion Coordinator、Assistant Photographerを経て、1943年には、アレクサンダー・リーバーマンの推薦で正式にコンデ・ナスト社(Condé Nast、雑誌ではヴォーグ、グラマーなど)の契約写真家となった。

1955年からはフリーとなって活躍。

2014年10月23日、95歳で死去。

日本での展覧会[編集]

日本でフランシス・マクローリン=ギルの大規模な回顧展が開催されたことはない。

参考文献[編集]

  • Photographers A-Z, Hans-Michael Koetzle, Taschen, 2011, 978-3-865-1109-4(264ページ)
  • Leslie Gill; A Classical Approach to Photography 1935-1958, Owen Edwards, New Orleans Museum of Art, 1985