フランス全国選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フランス全国選手権
加盟国 フランスの旗 フランス
大陸連盟 UEFA
創立 1993
参加クラブ 18
リーグレベル 第3部
上位リーグ リーグ・ドゥ
下位リーグ フランス全国選手権2
国内大会 クープ・ドゥ・フランス
リーグカップ クープ・ドゥ・ラ・リーグ
国際大会 ヨーロッパリーグ
最新優勝クラブ レッドスターFC (2017-18)
最多優勝クラブ クレルモンニームシャトールーレッドスター
(2回)
公式サイト Official site
2018-19

フランス全国選手権フランス語: Championnat de France National = シャンピオナ・ドゥ・フランス・ナシオナル, 英語: French National Championship)は、フランスにおけるサッカーリーグの3部に相当し、そのためナシオナル(National)またはディヴィジオン3(Division 3)と表記されることも多い。 位置としてはリーグ・アンリーグ・ドゥの下位リーグ、フランス全国選手権2の上位リーグという位置付けである。

現在は18のクラブがそれぞれ2回、互いの本拠地で試合を行い(ホーム&アウェイ方式)順位を決定する。 シーズン終了後、リーグ・ドゥの下位3クラブとフランス全国選手権の上位3クラブが自動的に入れ替わる。 またその際同じようにフランス全国選手権下位4クラブ(2010-11シーズンは下位5クラブ)と自動的にフランスアマチュア選手権の各グループ優勝クラブも自動的に入れ替わる。

2012年、欧州経済の混迷を背景に、財政面で逼迫したクラブが債務超過に陥るケースが相次いだことから、2013-14シーズンから参加チームを20から18に減らし、リーグの規模を縮小することが決定された。そのため、2012-13シーズンは下位6クラブが自動的に降格する予定であったが、フランス全国選手権5位のFCルーアンリーグ・ドゥからの降格チームであるル・マンFCCSスダンの3チームが財政上の理由により下位リーグへの降格処分となったため、下位3クラブのみが自動降格した。

リーグ・ドゥより降格してきたクラブには財政上の問題などの特別な理由がない限り2年間だけプロとしての活動が認められる。このためフランス全国選手権はプロとアマが混在するリーグとなっている。なおこの2年間の間に4部に当たるフランス全国選手権2に降格することになった場合は規定によりプロチームの活動が認められなくなる。

所属クラブ[編集]

2018-2019シーズン

前シーズン最終順位順、カッコ内はホームタウン所在地。▼はリーグ・ドゥからの降格クラブ、△はフランス全国選手権2からの昇格クラブ。

  1. フットボール・ブール=カン=ブレス・ペロナ01(ブール=カン=ブレス)▼
  2. USクヴィイール・プティ=ケヴィイー)▼
  3. トゥールFCトゥール)▼
  4. ロデーズAFロデーズ
  5. USアヴランシュ(アヴランシュ
  6. ASリヨン=デュシェル(リヨン
  7. USブローニュブローニュ=シュル=メール
  8. スタッド・ラヴァルラヴァル
  9. USLダンケルク(ダンケルク
  10. アンタント・サノワ・サン=グラシアン(サン=グラシアン
  11. USコンカルノー(コンカルノー
  12. ポーFCポー
  13. FCシャンブリー・オワーズ(シャンベリ
  14. SOショレ(ショレ
  15. マリニャーヌ・ジニャックFC(マリニャーヌ)△ ※全国選手権2グループA(南部)首位
  16. FCヴィルフランシュ・ボジョレー(ヴィルフランシュ=シュル=ソーヌ)△ ※全国選手権2グループB(東部)首位
  17. JAドランシー(ドランシー)△ ※全国選手権2グループC(北部)首位
  18. ル・マンFCル・マン)△ ※全国選手権2グループD(西部)首位

歴代優勝クラブ[編集]

  • ☆印が2部へと昇格。
年次 優勝 準優勝 3位 下部リーグ降格
1993-94(Gr.A) ギャンガン アミアン クレテイユ エヴリー、シェルブール、アンスニ
1993-94(Gr.B) シャトールー ペルピニャン☆ リヨン=デュシェル アルル、ヌヴェール、アヌシー
1994-95(Gr.A) ロリアン ポワティエ☆ ブリヴ ブールジュ、ラシン・パリ
1994-95(Gr.B) エピナル☆ ルアン=キュイゾー☆ ディジョン リヨン・デュシェル、ルーアンポー、ヴァロリス
1995-96(Gr.A) サン=ブリユー☆ トロワ ヴァランシエンヌ ラ・ロッシュ、アグノー、ルーベ
1995-96(Gr.B) トゥーロン ボーヴェ アングレーム ミュレ、ブリヴ
1996-97(Gr.A) ワスケアル☆ アンジェ パリFC ディジョン、ダンケルク、カンペール、ブザンソン、エヴリー、アヴランシュ、ブレスト、フェカン、シャテルロー、シェルブール
1996-97(Gr.B) ニーム ガゼレク ポワティエ セト、ヴィトロール、リルルッス、アレス、トレリサック、サン=プリエスト、ロデーズ、スタッド・モントワ、オーベルヴィリエ、グルノーブル
1997-98 アジャクシオ スダン クレテイユ ポワティエ、トゥール、サン=ルー、エピナル、シャルルヴィル、ブールジュ
1998-99 ルアン=キュイゾー☆ クレテイユ ガゼレク ミュルーズ、サン=モール、アングレーム、サン=プリエスト、トゥーロン
1999-00 ボーヴェ マルティーグ アンジェ パリFC、エヴリー、フレジュス、ラオン
2000-01 グルノーブル アミアン イストル ガゼレクヴァランシエンヌパシィ、トゥアール、レッドスター
2001-02 クレルモン スタッド・ランス ヴァランス☆ ラシン・パリブローニュ、サン=モール、ノアジー=ル=セック、カレー
2002-03 ブザンソン☆ アンジェ ルーアン マルティーグアレス、トレリサック、ヴィリー=シャティヨン、ラ・ロッシュ、ボーケール
2003-04 スタッド・ランス ブレスト ディジョン ルアン=キュイゾー、アングレーム、ブール=ペロナ、ボーヴェ
2004-05 ヴァランシエンヌ ヴァランス セト ヴァランス、ラシン・パリ、ブザンソン、ワスケアル、ルーアン、ロワ
2005-06 ニオール トゥール リブルヌ バイヨンヌクロワ・ドゥ・サヴォワ、ムーラン、ガゼレク
2006-07 クレルモン ブローニュ アンジェ トゥーロン、ラオン、シャテルロー、イェウール
2007-08 ヴァンヌ トゥール ニーム ポー、ヴィルモンブル、マルティーグ、ロモランタン
2008-09 イストル ラヴァル アルル ニオール、カレー、サン=グラシアン、シェルブール
2009-10 エヴィアン スタッド・ランス トロワ ムーラン、イェール、カシス・カルノー、ルアン=キュイゾー
2010-11[1] バスティア アミアン ギャンガン ロデーズ、プラベネック、アルフォールヴィルグーニョンストラスブール、ギャップ、パシィカンヌ
2011-12 ニーム ニオール ガゼレク ボーヴェマルティーグ、ブザンソン、バイヨンヌ
2012-13[2] クレテイユ メス CAバスティア エピナル、シェルブール、クヴィイールーアン
2013-14 オルレアン リュゼナック ガゼレク リュゼナックカルクフーヴァンヌ、ユゼス
2014-15 レッドスター パリFC ブール・ペロナ☆ ル・ポワレ=シュル=ヴィ、コロミエイストル
2015-16 ストラスブール オルレアン アミアン リュソン、コルマール、フレジュス
2016-17 シャトールー クヴィイー パリFC エピナル、CAバスティアスダン、ベルフォール
2017-18 レッドスター ベジエ☆ グルノーブル レ=ゼルビエ、マルセイユ・コンソラ、クレテイユ

1. ^財政面の悪化により一度は降格を命じられたRCストラスブールが、これを不服として上告した末、リーグ残留を認められたため変則的に21チームで行われた。このため、シーズン終了後の降格チーム数が下位5チームとなった。

2. ^2013-14シーズンからチーム数が20から18に変更されることに伴い、下位3チームが降格となった。また、5位のFCルーアンリーグ・ドゥからの降格チームであるル・マンFCCSスダンの3チームが財政上の理由により降格処分となった。

関連項目[編集]