フランス手話語族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フランス手話語族
話される地域 1850年以前は、 西欧北アフリカ; 今日は、ヨーロッパの一部、アメリカ州アフリカアジア
言語系統 主要な手話語族の一つ
原型
古フランス手話英語版
下位言語
Glottolog lsfi1234[1]

フランス手話語族(French Sign Language family)は、フランス手話アメリカ手話を含む手話語族である。

フランス手話語族は、パリの聴覚障害者コミュニティで開発された古フランス手話英語版の子孫である。古フランス手話は、17世紀後半にシャルル・ミシェル・ド・レペーによって最初に言及されているが、その何世紀も前から存在していた可能性がある。ロシア手話英語版などのいくつかのヨーロッパの手話は、アメリカ手話と同様、フランスの教育者ローラン・クレークがアメリカ手話学校で教えたときの言語から派生している。スペイン手話英語版などの他のものは、フランス手話の直接の子孫でないものの、フランス手話に関連していると考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “LSFic”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/lsfi1234