フランソワ・シャトレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランソワ・シャトレ(François Châtelet, 1925年4月27日 - 1985年12月26日)は、フランスの哲学史家、政治哲学者、大学教授。ソクラテスの伝統に連なる。リオネル・ジョスパンの妹の哲学者ノエル・シャトレフランス語版は妻。

略歴[編集]

シャトレはパリに生まれ、パリに没した。ミシェル・フーコージル・ドゥルーズとともにヴァンセンヌ大学哲学科創設時から教鞭をとった。国際哲学コレージュの共同設立者。1971年にはサンパウロ大学の教授を務めたが、これはジャン=ピエール・ヴェルナンとともにブラジルの軍事独裁政権に抵抗するためであった。シャトレは常に思想と行為を結びつけることに関心を持ち続け、時代に対する闘争を止めることはなかった。

シャトレは哲学者というよりも哲学史家として理解されている。著書『une histoire de la raison』では、西洋近代の合理性が構成される上での哲学の役割が明らかにされている。また著書『Platon』は、古代ギリシャの哲学者の思想へと読者を誘う労作である。

著作[編集]

  • Périclès et son siècle, 1960 ; rééd. Complexes, 1982
  • La Naissance de l'histoire : la formation de la pensée historienne en Grèce, Minuit, 1961 ; rééd. UGE 10/18, 1974
  • Logos et praxis : recherches sur la signification théorique du marxisme, Paris, SEDES, 1962 ; 2e éd. 1972
  • Platon, Gallimard, coll. « Folio »,‎ (réimpr. 1990), 254 p. (ISBN 2-07-032506-7)
  • Hegel, Le Seuil, 1968
  • La philosophie des professeurs, Grasset, 1970 ; rééd. 10/18, 1972
  • Histoire de la philosophie. Idées. Doctrines, ouvrage collectif en 8 vol., 1972-1973; rééd. partielle sous le titre La philosophie, Verviers, Marabout, 1979, 4 vol.
    藤沢令夫監訳『西洋哲学の知〔1〕 ギリシア哲学』白水社、1998年
    山田晶監訳『西洋哲学の知〔2〕 中世の哲学』白水社、1998年
    竹内良知監訳『西洋哲学の知〔3〕 近代世界の哲学――ミュンツァーからライプニッツへ』白水社、1998年
    野沢協監訳『西洋哲学の知〔4〕 啓蒙時代の哲学』白水社、1998年
    野田又夫監訳『西洋哲学の知〔5〕 哲学と歴史――カントからマルクスへ』白水社、1998年
    花田圭介監訳『西洋哲学の知〔6〕 産業社会の哲学――ニーチェからフッサールへ』白水社、1998年
    田島節夫監訳『西洋哲学の知〔7〕 人間科学と哲学』白水社、1998年
    中村雄二郎監訳『西洋哲学の知〔8〕 二十世紀の哲学』白水社、1998年
  • La Révolution sans modèle, en collaboration avec Gilles Lapouge et Olivier Revault d'Allonnes, Mouton, 1974
  • Les marxistes et la politique, présentation avec Évelyne Pisier-Kouchner et Jean-Marie Vincent, Thémis, 1975
  • Profil d'une œuvre : « Le Capital » (livre 2), Hatier, 1976
  • Les Années de démolition, Hallier, 1976
  • Chronique des idées perdues, conversations avec André Akoun, Stock, 1977
  • Histoire des idéologies, ouvrage collectif en collab. avec Gérard Mairet, 3 vol., Hachette, 1978; rééd. partielle sous le titre Les idéologies, Marabout, 1981, 3 vol.
  • Questions, objections, Denoël-Gonthier, 1979
  • Présentation et commentaire du « Manifeste du Parti communiste » de K. Marx et F. Engels, Paris, EMP, 1981
  • Les conceptions politiques du XXe siècle, avec Évelyne Pisier-Kouchner, PUF, 1982
  • Histoire des conceptions politiques, avec Olivier Duhamel et Évelyne Pisier-Kouchner, PUF, 1982
  • Dictionnaire des œuvres politiques, avec O. Duhamel et E. Pisier-Kouchner, PUF, 1986
  • Une histoire de la raison, Le Seuil, 1992
    宮崎隆, 山形頼洋訳『理性の歴史を語る――エミール・ノエルとの対話』青山社、1997年
  • La Philosophie au XXe siècle, en 4 tomes
  • Logos et Praxis, Hermann, 2009

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Gilles Deleuze, Périclès et Verdi, La philosophie de François Châtelet, Paris, Les Editions de Minuit, 28 p. 2-7073-1187-1