フランソワ・プレラーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランソワ・プレラーティFrançois Prelati)は、15世紀ジル・ド・レが犯した殺人事件に加担したイタリアの司祭・錬金術師[1]。彼はいくつかの人によってジルの性的パートナーだったと考えられている[2][3]。また、彼は、この試みで悪魔召喚することができると主張した[4][5]

フィクション[編集]

フランソワ・プレラーティはアン・ベンソン[6]によって『シーフ・オブ・ソウルズ』の物語のキャラクターとして登場し、成田良悟Fate/strange Fakeに登場した[7]

参考文献[編集]

  1. ^ Wilson, Thomas (1889). Blue-beard, a contribution to history and folk-lore: being the history of Gilles de Retz, of Brittany, France, who was executed at Nantes in 1440 A.D., and who was the original of Blue-beard in the tales of Mother Goose, p. 73-79. G.P. Putnam's Sons.
  2. ^ Rothenberg, Molly Anne; Foster, Dennis A. (2003). Perversion and the Social Relation: sic IV, p. 140, 156. Duke University Press, ISBN 0822384728.
  3. ^ Penney, James (2012). The World of Perversion: Psychoanalysis and the Impossible Absolute of Desire, p. 48. SUNY Press, 2012. ISBN 0791481670.
  4. ^ Butler, Eliza Marian (1949). Ritual Magic, p. 102. Penn State Press. ISBN 0271044888.
  5. ^ Mathews, Chris (2009). Modern Satanism: Anatomy of a Radical Subculture, p. 15. Greenwood Publishing Group ISBN 031336639X.
  6. ^ Benson, Ann. (2003). Thief of Souls, p. 441. Bantam Dell, ISBN 0440236290.
  7. ^ Narita, Ryōgo (2016). Fate/strange Fake(3), Dengeki Bunko, ISBN 978-4-04-865763-1.