フランソワ・ボンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フランソワ・ボンヌ
François Bonne
カトリック東京大司教
Francois Bonne.jpeg
教会 カトリック教会
大主教区 東京
着座 1910年9月15日
離任 1912年1月11日
前任 ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール
後任 ジャン・ピエール・レイ
個人情報
出生 1855年5月25日
フランスの旗 フランス サヴォワ県シャンベリ
死没 1912年1月11日(1912-01-11)(56歳)
日本の旗 東京府
国籍 フランスの旗 フランス

フランソワ・ボンヌ: François Bonne1855年5月25日 - 1912年1月11日)は、キリスト教カトリックフランス人宣教師である。パリ外国宣教会所属で、1879年明治12年)に訪日し、1910年(明治43年)9月にカトリック東京大司教区大司教教区長)に就任した。

生涯[編集]

1855年安政2年)5月25日、フランスサヴォワ県シャンベリ教区で生まれる。パリ外国宣教会に入り、1879年(明治12年)9月20日、司祭に叙階され、同年、宣教師として日本に派遣された。当初、天草に赴任し、1882年(明治15年)に長崎神学校の校長に就任し、自ら神学・哲学を講義した。1910年(明治43年)9月15日に東京大司教区教区長に任命され、1911年(明治44年)5月1日に長崎にて司教に叙階され、同年5月11日に築地教会にて着座式が挙行されたが、翌1912年(明治45年)1月11日に東京において死去した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 来日西洋人事典〔増補改訂普及版〕日外アソシエーツ 武内博 著(1995年)
  • 一粒の麦 東京教区創立100周年記念誌(1991年)
先代:
ピエール・ザヴィエ・ミュガビュール
カトリック東京大司教区 教区長
1910年1912年
次代:
ジャン・ピエール・レイ