フランチェスコ・ザムベッカーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ザムベッカーリらのアドリア海飛行(French ballooning and parachuting history cards)

フランチェスコ・ザムベッカーリFrancesco Zambeccari1752年 - 1812年9月22日)はイタリアの初期の気球開発者である。

ボローニャに生まれた。パルマで学んだ後、スペイン海軍の士官となり艦隊勤務についた。宗教的な理由により1783年にパリに逃れ、11月25日に行われたモンゴルフィエ兄弟の熱気球による飛行をみた観衆の一人となった。その後ロンドンに移り、イタリア出身で水素気球の飛行で有名になるビンチェンツォ・ルナルディと親しくなり、1785年3月22日、ザムベッカーリも3000mを越える飛行を行なった。また、ガス気球と熱気球を組み合わせるロジェ気球の開発者で、ドーバー海峡横断に失敗し死亡したピラートル・ド・ロジェとも親しくなった。

1787年ロシアに移り、ロシア海軍に加わるが、乗っていた軍艦が難破し、トルコ軍の捕虜となり2年以上トルコに抑留された。開放された後ボローニャに戻り、気球の開発と、航空の技術に関する著述を行った。1803年にロジェ式の気球を開発し、パシュクアーレ・アンドレオーリ(Pasquale Andreoli )、ガエタノ・グラセッティ(Gaetano Grassetti )らと何度か飛行を行った。1803年10月7日から8日には、ボーローニャのモンタニョーラからアドリア海を越える飛行を行ない、イストリア の海岸線近くまで飛行した。1812年に3台目の気球での飛行時に気球が燃え上がりザムベカーリは死亡した。

著作

  • Francesco Zambeccari, Saggio sopra la teoria e pratica delle macchine aereostatiche, Bologna, ed. Ulisse Ramponi, 1800
  • Giacomo Rossi, Francesco Zambeccari, L'aeronauta bolognese, Bologna, ed. Marsigli, 1803
  • Francesco Zambeccari, Descrizione della macchina aerostatica del cittadino Francesco Zambeccari, destinata a tentare il regolamento della medesima per l'atmosfera..., ed. Leonardo Bertazzoni, 1804
  • Francesco Zambeccari, Relazione dell'esperienza aereo-statica eseguita in Bologna li XXII agosto MDCCCIV, ed. Ulisse Ramponi, 1804
  • Francesco Zambeccari, Risposta ad una lettera d'un amico sugli esperimenti aereonautici, ed. Ulisse Ramponi, 1804
  • Francesco Zambeccari, Pasquale Andreoli, Osservazioni di Francesco Zambeccari sopra varj oggetti contenuti nella lettera del signor Pasquale Andreoli diretta per la stampe a mr. Du-Pré, membro ec. relativa al volo da esso eseguito nell' anfiteatro di Milano il giorno 18 ottobre 1807, ed. Sassi, 1807
  • Pasquale Andreoli, Francesco Zambeccari, Descrizione dell'aerostato La Speranza costruito a Forlì nell'anno 1809, ed. Roveri e Casali, 1809
  • Francesco Zambeccari, Gaetano Grassetti, Pasquale Andreoli, Relazione del viaggio aereo intrapreso dal nob. sig. co. Francesco Zambeccari, dal signor dottor Grassetti di Roma, e dal signor Pasquale Andreoli di Ancona