フランチェスコ・ミンベッリ (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランチェスコ・ミンベッリ
Mimbelli D561.jpg
基本情報
建造所 フィンカンティエリ
リヴァ・トリゴソ造船所
運用者  イタリア海軍
艦種 駆逐艦
級名 デ・ラ・ペンネ級
モットー Audendum est
艦歴
起工 1989年
進水 1991年4月13日
就役 1993年10月18日
要目
排水量 基準 4,500t
満載 5,400t
全長 147.7m
最大幅 16.0m
吃水 4.6m
機関 CODOG方式、2軸推進
GE=フィアット LM2500 × 2基(55,000HP
GMT BL-230.20-DVMディーゼルエンジン × 2基(12,600HP)
速力 最大速 32ノット
乗員 377名(女性乗員は約10%)
兵装 54口径127mm単装砲 × 1基
62口径76mm単装砲 × 3基
アルバトロス・ミサイル8連装発射機 × 1基
スタンダードSM-1MRMk 13 × 1基
テセオSSM発射筒 × 4基
MU90短魚雷発射管 × 6基
搭載機 AB-212 ASW × 2機
レーダー SPS-52C三次元レーダー × 1基
SPS-702水上レーダー × 1基
SPS-768対空捜索レーダー × 1基
SPN-748航海レーダー × 1基
IPN-20航海レーダー × 1基
RAN-10S水上レーダー × 1基
AN/SPG-51Dレーダー × 2基
SPG-775火砲連動レーダー × 4基
ソナー DE-1167ソナー
電子戦
対抗手段
AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ
テンプレートを表示

フランチェスコ・ミンベッリイタリア語: Francesco Mimbelli, D 561)は、イタリア海軍デ・ラ・ペンネ級駆逐艦2番艦。艦名は第二次世界大戦期から冷戦期にかけての海軍軍人であり、クレタ島の戦いで勲功を上げたフランチェスコ・ミンベッリ中将に由来する。

艦歴[編集]

「フランチェスコ・ミンベッリ」は、フィンカンティエリリヴァ・トリゴソ造船所で1989年に起工し、1991年4月13日にアルディメントーソ(Ardimentoso)と命名され進水し、1992年6月にフランチェスコ・ミンベッリに改名され、1993年10月18日に就役する。

近年は不朽の自由作戦のためにインド洋に展開しており、海上自衛隊から洋上補給も受けている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 防衛省[リンク切れ](PDF)

関連項目[編集]