フランツ・プフォル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フランツ・プフォル(Franz Pforr、1788年4月5日 - 1812年6月16日)はドイツの画家である。ウィーン美術アカデミーで学び、ローマに出て「ナザレ派」の画家となるが、24歳で結核でイタリアで没した。

略歴[編集]

フランクフルト・アム・マインで生まれた。父親も画家で、母親は多くの画家を出したティシュバイン家の出身であった。12歳の時父親を亡くし、カッセルの美術館のインスペクターなどを務めていた叔父のヨハン・ハインリヒ・ティシュバインのもとに1801年に送られ美術教育を受けた。1805年にウィーン美術アカデミーに入学した。当時のウィーン美術アカデミーはハインリヒ・フリードリヒ・フューガー(Heinrich Friedrich Füger)のもとで、新古典主義の教育が行われていた。生徒たちの反発によって紛争がおこり、一部の生徒たちはアカデミーを出て、新しい画家グループを作った。プフォルも1810年にローマに出て、ヨハン・フリードリヒ・オーファーベック、ルートヴィヒ・フォーゲル、ヨハン・コンラート・ホッティンガーと、「聖ルカ兄弟団」を結成した。これが「ナザレ派」と呼ばれる画家集団の始まりとなったが、プフォルは1812年に結核で、現在のイタリア、ローマ県アルバーノ・ラツィアーレで没した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • Wilhelm Adolf Schmidt (1887), "Pforr, Franz", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (in German), 25, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 702–703
  • Jens Christian Jensen: Gedenkblatt für den Maler Franz Pforr, den Freund Friedrich Overbecks. In: Der Wagen 1963, S. 83–92
  • Rudolf Bachleitner: Die Nazarener. Heyne-Verlag, 1982, ISBN 3-453-41182-X
  • Ingeborg Dorchenas: フランツ・プフォル. In: Biographisch-Bibliographisches Kirchenlexikon (BBKL). Band 7, Bautz, Herzberg 1994, ISBN 3-88309-048-4, Sp. 433–438.
  • Ekkehard Mai: Pforr, Franz. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 20, Duncker & Humblot, Berlin 2001, ISBN 3-428-00201-6, S. 360 f. (電子テキスト版).
  • Stefan Matter, Maria-Christina Boerner: – kann ich vielleicht nur dichtend mahlen? Franz Pforrs Fragment eines Künstlerromans und das Verhältnis von Poesie und Malerei bei den Nazarenern. Köln/Weimar: Böhlau 2007 (Pictura et poesis 25), ISBN 9783412200558
  • Heinrich Thommen: Im Schatten des Freundes: Arbeitsmaterialien von Franz Pforr im Nachlass Ludwig Vogels. Basel: Schwabe 2010 (Schriften der Stiftung für Kunst des 19. Jahrhunderts Olten), ISBN 978-3-7965-2700-5