フリスビー (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フリスビー
MOON CHILDシングル
初出アルバム『POP AND DECADENCE
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
作詞・作曲 佐々木収
プロデュース MOON CHILD
チャート最高順位
MOON CHILD シングル 年表
requiem for the man of nomad
(1998年)
フリスビー
(1998年)
グロリア
(1998年)
テンプレートを表示

フリスビー 』は、MOON CHILDの9枚目のシングル

解説[編集]

  • TBS系「COUNT DOWN TV」エンディングテーマ。
  • プロデュースを委託せず、バンドメンバーとツアーメンバーのみで編曲を行った作品。音源に民族楽器や掃除機を用いたりなど、実験的な試みを行っている。
  • 「フリスビー」という名称はワーム・オー社(Wham-O)が商標を持つ商品名なので、使用にはいろいろ問題があった模様。[1]
  • カップリング曲の「極東少年哀歌」は、歌詞の一部にとあるバンド名が入るため、その部分はエフェクトで伏せられている。

収録曲[編集]

CD
全作詞・作曲: 佐々木収、全編曲: MOON CHILD。
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「フリスビー」佐々木収佐々木収
2.「極東少年哀歌」佐々木収佐々木収
3.「フリスビー (Instrumental)」佐々木収佐々木収

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベストアルバム「Treasures of MOON CHILD 〜THE BEST OF MOON CHILD〜」ライナーノーツより。