フリッツ・ロイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Portrait de Fritz Reuter par Theodor Schloepke
フリッツ・ロイターのポートレート

フリッツ・ロイター[1]: Fritz Reuter, 1810年11月7日 - 1874年7月12日)は、19世紀ドイツ詩人である。

概要[編集]

ドイツ北東部メクレンブルク=フォアポンメルン州シュターフェンハーゲンドイツ語版(Stavenhagen)で生まれた。

低地ドイツ語で郷土での生活をユーモラスに描き、近代郷土文芸の先駆者とされる。「宿なし」「フランス時代より」「わが農民時代より」など代表的な作品がある。

低地ドイツ語は、ロイターのような低地ドイツ語作家の存在にもかかわらず、高地ドイツ語のよう標準ドイツ語として確立されていなかった。

晩年はテューリンゲン州アイゼナハに移り、当地で逝去した。

脚注[編集]

  1. ^ フリードリヒ・ロイター(Friedrich Reuter)とも呼ばれる。

関連項目[編集]