フリップ&イーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
フリップ&イーノ
Fripp & Eno
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル アンビエント電子音楽ドローン・ミュージック
活動期間 1973年 - 1979年2005年
レーベル アイランド・レコード、Antilles Records、EGレコード、Opal
旧メンバー ブライアン・イーノ
ロバート・フリップ

フリップ&イーノFripp & Eno)は、ブライアン・イーノロバート・フリップによって構成される音楽サイド・プロジェクト。このデュオは1973年のアルバム『ノー・プッシーフッティング』から始まる4枚のスタジオ・アルバムをリリースした。このペアで作成された音楽は完全にインストゥルメンタルであり、イーノが演奏するさまざまなキーボード、シンセサイザー、Revox A77テープ・レコーダーとともに、フリップのギター、フリップ・ペダルボード、Frizzbox(その後のイーノによるサウンド処理)を組み合わせて変化させたテープ・ディレイ・テクニックであるフリッパートロニクスを多用している[1]

2015年、フリップ&イーノは、『ローリング・ストーン』誌の史上最高のデュオ20組のリストにおいて17位にランクされた[2]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ・イン・パリ 1975年5月28日』 - May 28, 1975 Olympia Paris, France (2011年)[3]

コンピレーション・アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Mills, Ted. “(No Pussyfooting) – Fripp & Eno / Robert Fripp / Brian Eno”. AllMusic. 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ 20 Greatest Duos of All Time” (英語). Rolling Stone (2015年12月17日). 2020年9月5日閲覧。
  3. ^ Robert Fripp, Brian Eno”. Shop.schizoidshop.com (1975年5月28日). 2014年7月29日閲覧。