フリージオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
フリージオ
全国
ツンベアー - フリージオ(#615) - チョボマキ
イッシュ
ツンベアー - フリージオ(#121) - チョボマキ
基礎データ
英語名 Cryogonal
進化体系 たねポケモン
進化前 なし
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 けっしょうポケモン
タイプ こおり
高さ 1.1m
重さ 148.0kg
特性 ふゆう
テンプレートを表示

フリージオは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

雪の結晶のような身体に、目(上の二つ)と口(下側)がついた外見をしており、口からは氷の結晶でできた2本の鎖が伸びており、これにより獲物を捕らえる。

雪雲の中で身体が結晶化して誕生したポケモンで、通常体温が下がっている時は結晶状の個体だが、体温が上がると身体が気化して水蒸気になり、姿を消す事が可能。

性別は存在しない。そのためタマゴをつくるにはメタモンが必要である。

ゲームでのフリージオ

ブラック・ホワイト』から登場。ネジ山に極めて低い確率で出現する。冬の場合は出現率が若干上がる。

「とくぼう」が非常に高く、同タイプではレジアイスに次ぐ数値を持ち、「とくこう」もかなり高い。さらに「ぜったいれいど」を習得するポケモンの中では「すばやさ」が一番高い。反面、「ぼうぎょ」は非常に低く、自身の「ぼうぎょ」を2段階上げる「とける」に頼っても満足な物理耐久は得られない。

セッカシティジムリーダーのハチクが使用する。

アニメでのフリージオ

ベストウイッシュ』(以下BW)第57話でバニプッチ団のボスであるツララー博士(声 - ふくまつ進紗)が扮するフリージ男が、フリージオの形をしたマスクを身に付けていた。

BW第79話でセッカシティジムリーダーのハチクが使うポケモンとして登場。サトシズルッグを倒すが、チャオブーに敗れる。声優は三木眞一郎

映画でのフリージオ

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』にキュレムの手下のポケモンとして多数登場。

関連項目