フリードリッヒ・クラトチウィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

フリードリッヒ・クラトチウィル (Friedrich Viktor Kratochwil, 1944年 - )は、ドイツ国際政治学者

ニコラス・オナフアレクサンダー・ウェントとともに構成主義理論の代表的論者である。

経歴[編集]

オーストリアモラヴィア南部のルンデンブルク(現チェコブジェツラフ)生まれ。ミュンヘン大学卒業後アメリカに渡り、1969年ジョージタウン大学で修士号、1976年プリンストン大学で博士号取得。コロンビア大学政治学部助教授、ペンシルベニア大学政治学部准教授を経て、1995年にドイツへ帰国し、ミュンヘン大学国際政治学部教授を務めた。2002年以降、フィレンツェヨーロッパ大学院で教鞭を執る。

著作[編集]

単著[編集]

  • International Order and Foreign Policy: A Theoretical Sketch of Post-War International Politics, (Westview Press, 1978).
  • Rules, Norms, and Decisions on the Conditions of Practical and Legal Reasoning in International Relations and Domestic Affairs, (Cambridge University Press, 1989).
  • The puzzles of politics: inquiries into the genesis and transformation of international relations, Routledge, 2011.
  • The status of law in world society: meditations on the role and rule of law, Cambridge University Press, 2014.

共著[編集]

  • Peace and Disputed Sovereignty: Reflections on Conflict over Territory, with Paul Rohrlich and Harpreet Mahajan, (University Press of America, 1985).

共編著[編集]

  • International Law: A Contemporary Perspective, co-edited with Richard Falk and Saul H. Mendlovitz, (Westview Press, 1985).
  • International Organization: A Reader, co-edited with Edward D. Mansfield, (Longman, 1994).
  • The Return of Culture and Identity in IR theory, co-edited with Yosef Lapid, (Lynne Rienner, 1996).
  • Transformative Change and Global Order: Reflections on Theory and Practice, co-edited with Doris A. Fuchs, (Transaction, 2003).