フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Friedrich Wilhelm
フリードリヒ・ヴィルヘルム
Rittner Friedrich Wilhelm Fürst von Hohenzollern 2003.jpg
フリードリヒ・ヴィルヘルム(ギュンター・リットナー画、2003年)
生誕 (1924-02-03) 1924年2月3日
ドイツの旗 ドイツ国、バーデン共和国、ウムキルヒ、ウムキルヒ城
死没 (2010-09-16) 2010年9月16日(満86歳没)
ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡ジグマリンゲン
墓地 ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ジグマリンゲン郡ジグマリンゲン、ヘディンゲン修道院
別名
宗教 キリスト教
宗派 カトリック教会
配偶者 マルガリータ・ツー・ライニンゲン
子供
父:フリードリヒ
母:マルガレーテ

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンドイツ語: Friedrich Wilhelm von Hohenzollern-Sigmaringen1924年2月3日 - 2010年9月16日)は、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯家英語版の子孫。1965年から2010年までホーエンツォレルン侯家の家長であった。

生涯[編集]

1924年2月3日、ホーエンツォレルン侯家家長フリードリヒとその妻であったザクセン王女マルガレーテフリードリヒ・アウグスト3世の次女)の間に長男(第4子)としてウムキルヒ英語版ウムキルヒ城ドイツ語版(現在のバーデン=ヴュルテンベルク州ブライスガウ=ホッホシュヴァルツヴァルト郡英語版)で生まれた。フライブルクで教育を受け、経営学の学士号を得た。1944年から翌1945年にかけてゲシュタポによって一家は強制収容され、この間居城のジグマリンゲン城英語版連合国軍に追われたフィリップ・ペタンヴィシー政権のメンバーによって使用された。

ライニンゲン侯女マルガリータ英語版(1932年 - 1996年)と1951年1月5日ジグマリンゲンで民事婚を、2月3日アモールバッハで宗教婚を挙げ、間に3男を儲けた。

  • カール・フリードリヒ英語版(1952年 - ) - ホーエンツォレルン侯家家長
  • アルブレヒト(1954年 - )
  • フェルディナント英語版(1960年 - )

1965年2月6日に父が歿すると、ホーエンツォレルン侯家の家長となった。

2010年9月16日、逝去[1]。86歳没。長男のカール・フリードリヒがホーエンツォレルン侯家家長の座を継承した。

脚註[編集]

  1. ^ Friedrich Wilhelm Fürst von Hohenzollern ist tot Schwäbische Zeitung 2010-9-16
先代:
フリードリヒ
ホーエンツォレルン侯家家長
1965年 - 2010年
次代:
カール・フリードリヒ